• Animals 08
  • 0318 Museum
  • 10F hanging clocks - 5  KIENZLE  分銅引き
File

hanging clocks - 5  KIENZLE  分銅引き

1

キンツレーの起源は、1822年ドイツのシュベニンゲンでヨハネス・シュレンカーが時計工場を設立したことが始まりとされています。 

当初はブラックフォレスト時計(漆塗りの時計)を作っていたようです。



高さは 約140㎝ の大型掛け時計です。 二本の分銅の動力が動力源です。 

アトリエでは、この時計を標準時計として稼動させています


キンツレーの特徴

19世紀末のユーゲントシュテイル(ドイツ19世紀末で流行した美術様式、アールヌーヴォーとほぼ同意)を想わせる柔らかい曲線が特徴的なケー

スデザインが数多く生産されました。 かと言って、ケースの各部位に真鍮細工を施した荘厳で男性的なデザインも少なくありません。

19世紀までのシステムは、レギュレイタークロックの他、フリースゥインガー式(振り子がケースから剥き出しになった時計)が主流です。

良質なウォールナット材を用いた物が多く現存していますが、その殆どはフリースゥインガー式です。 

1900年以降は置時計、1920年以降は腕時計が中心に量産されるようになりました。

時計はとてもタフで動力も安定している物が多く、実用性が高い中堅メーカーです。

Default