• Animals 08
  • 0318 Museum
  • 131F corniche type case carriage clock the case style #11
File

corniche type case carriage clock the case style #11

4

新橋駅地階にあった古典屋で、私が最初に手に入れたcarriage clock が、corniche(コーニス)type でした。


carriage clock のケース・スタイルに於いて、 corniche(コーニス)type

が数量的にもも多く、それ故に一般的な意匠と言えるでしょう。


1880年頃から受け入れられてきたプレーンで質実なモデルです。

carriage clock は、Parisや、Frenche-comte(フランシュ・コンテ)、Saint-Nicolas-d’Aliermont(サン・ニコラ・ダリエモン)などの、
時計産業の盛んな産地で、 往時 量産されtていました。


ハンドルの形態や、細身でプレーンな ボデイが、量産に適していたのでしょうが、

コレクターには、聊かものたらないのですね。






Default