File

Junghans  mistery swigers

1

Junghans  mistery swigers


1929年の Junghans社のカタログのコピーを着けました。 ここに載せたものはJマークのものですが、

Ansonia では、swinnging ball clocks と呼んでいます。 

構造的には、同一で、 時計下部のボールが錘になっています。 時計に付いた2点の針を支点にし、左右にスイングします。  

時計本体にも小さな振子が組み込まれていて、下端の錘と連動して時を刻みます。  時計そのものが振子と言った形状で、左右に振れ

る動きが楽しく、自ずと時の経過を知ることになります。

フィギュァ―も意匠を凝らしており、ブロンズからピューターと素材もいろいろですね。  時間そのものを表すこのタイプは、 

carriage clocks に次いで好みのアイテムです。  家のあちこちで、10数台が自己主張をしています。  大きいものは1ⅿを超え

ブロンズで、存在感があります。 (大型のものは、総体振り とも呼ばれます)



ずいぶん以前になりますが、西麻布の ANTIQUE 23 で、 有に 2mを超えるものに出逢ったことが有りましたが、 さすがに手が出せま

せんでした。


今頃、いずこのホールに佇んでいる事やら・・・と想い出すことが有ります。

Default