• Animals 08
  • 0318 Museum
  • 38F 最近・心に響いた1冊  「ヒトラーの時代」
File

最近・心に響いた1冊  「ヒトラーの時代」

6

「ヒトラーの時代」 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか  池内 紀 著/中公新書 


泡沫政党だったナチスの党首アドルフ・ヒトラーは、熱狂的な人気を獲得し、権力の座に駆け上がった。


独裁制はなぜかくも急速に実現したのか。ドイツ国民はそれを支持した理由は何か。 あのドイツでである。


第一次世界大戦の敗戦国ドイツは1921年、 途方もない賠償金を連合国により課せられた(ベルサイユ条約) 


これによりドイツ通貨は崩壊を招く。 1ドル350マルク → 1ドル10億マルク と、何年にも及ぶ過酷なインフレが発生し、


国民生活は破綻した。



1922年 ヒトラーはベルリンで 「ベルサイユ条約は恐るべき虚偽の上に成り立っており、我々はその条約の履行を拒否する、諸君は自


ら欲するところを成せ」と演説。 「未来か滅亡か」誇りある未来か負け犬の滅亡か。 これ以上なく判りやすい。 賠償問題を契機に


超過激派とみなされていた弱小政党が、次第に人々をとらえていく、それはマルクのから下落と並行していた。



1933年政権略取  ワイマール共和国 → ヒトラー独裁へ  テロや革命でなく、国民選挙で・・・



アウトバーン建設、フォルクスワーゲン(国民車)の生産、労働環境の改善、社会福祉の拡充と言った巧みな施策。



600万を超えていた失業者が、数年で半減した。労働条件の改善社会保障と老齢福祉の大胆な試み。



1936年のベルリン・オリンピック



「もしこの独裁者が政権4年目頃に死んでいたら、ドイツ史上、最も偉大な人物の一人として後世に残ったであろう」とジョン・トーラ


ンドに、言わしめた。