File

カリアティード (carriatide)

4

カリアティード (carriatide)


古代ギリシャやローマの 神殿建築様式に見られる女身像柱,


女身像柱に対応する男像柱としてはアトラス(atlas)がある。

アトラスは天の蒼穹を肩で支える神である。
 
アトランテスは頭を前に突き出し、
肩で上部の張り出した構造を支えている形状になっていることが多く、

中には両腕も上に延ばして手も使って支えているものもある


Default