鉄腕 アトム

0

手塚 治虫の「鉄腕アトムは」21世紀の未来を舞台に、
原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、
人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する漫画

1951年4月から1952年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年4月から1968年3月にかけて、「少年」(光文社)に連載さた。 横山 光輝著の 鉄人28号(27号も)とともに 小学生時代のたいせつな想い出になっています。

1963年から1966年にかけてフジテレビ系で日本初の30分テレビアニメシリーズとしてアニメ化された。

このアニメ第1作は平均視聴率27.4%を記録しその後、世界各地でも放映された。

1981年には、関連書籍の出版部数が累計1億冊を突破したとのこと。

現在の日本のロボット工学者たちには幼少時代に『鉄腕アトム』に触れたことがロボット技術者を志すきっかけとなっている方も多く、日本のロボット技術の発展に大きく貢献している

冒頭の画像は、2018年 4月 京橋エドグランデ、北原コレクションの展示です。

製作者は、荒木 博志(四谷 シモンに師事)極めて貴重な素材でリアルなアトムが再現されています。

そういえば、北原さんは「実はですね、よく言うんですけど、コレクションの数が数えられるうちは初心者。

数が数え切れなくなったら中級者。

もう数が分からないみたいな感じだと上級者」こんなこと言っていましたね。

Default