精工舎 宮形  枕置  角文鎮  頭丸文鎮 等

0

精工舎 江戸切子の技術を受け継いだ硝子の時計 

大正末期から昭和14~15年にかけて硝子の置時計が家庭でもてはやされた。

昭和5年の精工舎のカタログによると、青硝子、水硝子、緑硝子、 砡白硝子、のカラーバリエーションが有ります。

しかし、各個体により濃淡などの色味に違いが有ります。 特に緑硝子は同一の色味は殆どありません。

写真中の透明文鎮型は、マドリッドの蚤の市で入手したものですが、ガラス面の輝きが違いますね。

昨今、ネットオークションなどに、外国(中国?)モノのと思われる粗悪品が、多数見受けられます。要注意です。

Default