回想の ジャズ喫茶「木馬」

0

画像は、1962(昭和37)年「ダウンビート日本版」に掲載された「木馬」の広告記事。

「ダウンビート日本版」の表紙。(ダウンビートは後の「スイングジャーナル」誌へ引き継がれる)

同誌に連載された 画家の富田英三の「ジャズ喫茶のぞきあるき」で取り上げられた「木馬」の記事。

新宿 靖国通り 以前は 都電が走っていました 

この通りの北側にジャズ喫 茶「木馬」が開業したのは1951(昭和26)年。 
 
1961(昭和36)年に改装。

都電の廃止や地下鉄の工事などの都市再開発事業に伴い、

1971(昭和46)年歌舞伎町コマ劇場前のビル地階に移転した。 

とにかくこの間、靖国通りや・その周辺は、土ぼこりが立ち込める状況でした。

この頃から、木馬、小澤夫妻とのお付き合いが始まりました。

ご主人の 小澤 祐吉さんは、社交的ではありませんが温厚な人柄の方でした。福島・相馬のご出身と伺いました。

元々 骨董がお好きで、当初は、甲冑や武具などを蒐集していたとのこと。

DID/DUG の中平 穂積さんからお聞きしたことによると、 

その(DIG の古時計のコレクション)の影響を受けて、競うように蒐集しだしたとのことでした。 

歌舞伎町に移転・開業した時には、店頭のウィンドウに古時計の立派なコレクション(300台という)が陳列されていました。

店舗の設計は、DIG/DUG同様 岩淵 活輝さんです。 

トンネルの様な狭い階段を、地下2階まで降りる、

そこには、ダークグリーンのベースカラーの劇的な空間が広がる。 

客同士の私語にはうるさい・・・

歌舞伎町の店は、いつの間にか ??・・・・ 1993(平成3)年頃に閉鎖された。
 
「熱海の芸者さんとの いろいろな話」を 間接的に、伺いました・・・・

あれから30年近くが経ちました。

さて、今日届きました コーセー・加藤さんの私家版「古時計の回想」によると、

その後、小澤さんは熱海で「直しや木馬」という骨董店を開いていたとのこと、

 
・・・・・が、 2021年に再度電話をした折には、連絡が取れなかったと記されています。

Default