JUNGHANS  道化師    東洋時計  鼓童

0

JUNGHANS  道化師   本体はブロンズ、 腰かけた道化師が、マンドリンを奏でています。

顔と手は素材は判りませんが、血が通っているような仕上がりで 温もりが感じられます。  

高さは約16㎝   この時計には、今まで(約50年?)お目にかかったことが有りませんし、

手持ちの JUNGHANS のカタログにも見当たりません。  

雰囲気は気に入っているにですが、どういう経緯でわが家に住み着いているのか???  

思い当たる節も有りません。

「鍋塾」はときおり催しますが、  サーカスを興行懸けたことは、今だにないのです。

東洋時計 鼓童  

雰囲気からは、大正~昭和初期でしょうか?  

楽隊の、太鼓奏者をユーモラスな姿に描いています。 高さは約16㎝   

我が家では、並んでメロディーを奏でています。 

太鼓の音がちょっと強いように聞こえます。 

こちらの「鼓童」は、骨董市などで時たま見かけることが有ります、 元気いっぱいの表情が良いですね。

Default