肖像神話  タマラ・ド・レンピッカ    続き #1

0

1920年代、パリ。

最新のブガッティから鋼鉄のような目がこちらを睥睨する。

およそメカニックな冷たい画面から誘惑的な官能が匂い立つのは、
ぬめりとした光沢のせいだろうか。

レンピッカの絵には人を寄せ付けない尊大さがあり、
それは彼女の人柄そのものでもあった。

若く美しい新進の女流画家レンピッカ。

彼女のパーティにはパリ選りすぐりの上流階級の面々が揃い、
翌日の新聞にはそのようすが仰々しく報じられた。

富、栄誉、美貌、それらすべてを彼女は完璧に備えていた。

その数年前、
彼女が夫と共に革命の嵐吹き荒れるロシアから亡命した時、
彼らは一文無しだった。

頼りにならない夫。

惨めさのどん底で、彼女のしたたかに生きる力は爆発する。
そうだ、子供の頃得意だった絵で身を立てよう。

ロシアでの贅沢な生活で磨かれたセンスは、この時期のブルジョアの趣味によく合った。

レンピッカに絵筆を動かさせ続けたものは、
お金と栄誉への飢餓感だった。

そんなタマラだが、 娘のキゼットだけをモデルに子供の肖像画のシリーズを描き続けた。
最後の画像は『ピンクの服を着たキゼット』(1926年)

Default