やっぱり    DUNHILL   MILLENIUM CHRONOGRAPH

0

 DUNHILL   MILLENIUM CHRONOGRAPH   スイス・ゼニス社製 31石自動巻ムーブメントを搭載。 

エナメルの文字盤は、前世紀の英国の雰囲気を保っていて優雅。   ローマ数字の時刻表示のクラッシックさが良い。  

日、月、曜日とムーンフェーズ、 60秒、30分、12時間積算ダイヤルの多機能ぶりが、端正に並んでいる。  →  使いこなせていないが。

裏面はシースルー、ガラスを通してムーブメントが見えるのも愉しい。  

日常的には、バーバリーのクオーツを使用することが多い。  何せ、楽である。   身に余ると言う事でしょうか?

それでも、万円筆・腕時計・カフリンクス ・・・ DUNHILLを愛用しています。

さて、 DUNHILL  1880年に馬具専門製造業としてロンドンで創業。

子息のアルフレッド・ダンヒルが家業を受け継ぎ、自動車が普及することを見越し、自動車旅行用品に焦点を当てたマーチャンダイジングで成功。  

その種類の豊富さは、しばしば「エンジン以外なら何でも揃えている」と言われた。 往時、「モートリティーズ」という、 自動車(Motoring)と権威

(Authorities)を組み合わせた造語で、時代をリードした。   遊び心が DUNHILL の真骨頂。  経済合理性とは、相いれない。

現在は、カルティエやスイスのIWC、モンブランなど所有する、スイスのリシュモングループの傘下。  

DUNHILL らしい商品は見当たらず、ONE OF THEM になってしまった感がする。   20世紀 大戦後の 輝いていた時代の DUNHILL は「夢」を見せてくれた。

最高でした。 

Default