アメリカ本土爆撃計画 超重爆撃機「富嶽」

0

帝国日本海軍 超重爆撃機「富嶽」第721航空隊 百里ヶ原基地
アメリカ合衆国本土を空襲した後にそのままヨーロッパまで飛行し、同盟国であったナチス・ドイツまたはその占領地に着陸することが可能な大型長距離戦略爆撃機「Z飛行機」構想が、のちの富嶽。
1/144 フジミ製

Default
  • File

    sat-2019

    2021/3/21

    この超重爆撃機が実現して実戦配備されていたのなら、戦況も大きく変わったかもしれませんね…

    返信する
    • みじめには負けなかったかも・・・・。戦争は嫌いですが、やはり負けるのはイヤです。

      返信する
  • File

    baggio10

    2021/4/5

    こんな爆撃機を作る構想が日本軍にあったんですか?知らなかったです!!

    返信する
    • モックアップは作られたと聞きます

      返信する
    • File

      baggio10

      2021/4/6

      そうだったんですね!!日本からアメリカに飛んでドイツまでって言うアイデアがすごいです。

      返信する
    • 因みに4個の車輪のうち離陸したら2個落下させます。着陸したらそのままでは使用できずに、車輪2個またつけなければなりません。そこが大型機になれていない当時の日本の技術力です。しかし日本海軍97式飛行艇はアメリカのB29より巾は広いです。飛行艇は当時世界一です。

      返信する
    • File

      baggio10

      2021/4/6

      知らないことばっかりです!めちゃくちゃ詳しいですね!ありがとうございます!

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2021/12/24 - 編集済み

    昔金曜スペシャルで特撮による米国本土爆撃シーンが再現されてましたが当然護衛機の描写なし。護衛機はどうするつもりだったか気になる計画ですね。特に大西洋横断中。

    返信する
    • コメントありがとうございます。護衛は考えておりません。航続距離の問題です。

      返信する
  • 逆に言うとB29のような迎撃機が到達できない高高度からの爆撃予定だったのでしょうかね。
    いずれにしても大型機のノウハウ不足の中ではかなり厳しい計画。

    ちなみにこれが特撮の富嶽でこのあと自由の女神が木っ端みじんに

    File
    返信する