BMWのR50

0

懸命に戦後を模索していたBMWにとって、本当の意味での新世代モデルがR50だったと言えるでしょう。しかし、このモデルは発売当初は少なからず誤解を生んだと言われています。それは、リアに待望のスイングアーム式サスペンションが装備していたにもかかわらず、フロントにアールズフォークを採用していたからです。世界で最初にテレスコピック式フロントフォークを採用したBMWだけに、時代に逆行したとも思える装備ですが、市場に送り込まれる台数が増えるにつれてユーザーはその優位性を理解し、こうした誤解は徐々に氷解していくことになります。それはR50がかつてないスムーズな乗り心地を実現していたからです。

また、当時はモータリゼーションの発展段階であり、自動車がとても高価だった時代。アールズフォークはこうした時代背景に対応し、サイドカーの装着を想定した装備だったのです。また、アールズフォークのスイングアームにはあらかじめ軸受け穴が2箇所設けられており、車軸を前方に移動することができました。これにより、サイドカー装着時でも軽快なハンドリングが得られたうえ、ショックアブソーバーのストローク量も増大したので、乗り心地も改善することができたのです。R50は整備性にも優れており、このモデルを通して戦後のBMWのブランドイメージは世界に浸透していったのです。

Default
  • File

    toyochan10423

    2022/11/04 - 編集済み

    BMWのR50だと思いますが。?

    返信する
    • ありがとうございました。私は全くバイク音痴で・・・
      toyochan10423さん、よくご存じですね。

      返信する