戦時中映画にもなった第59戦隊「加藤隼戦闘隊」 一式戦闘機 隼1型

0

「一式戦闘機 隼1型 第59戦隊 プラモデル (フジミ 1/72 Cシリーズ No.C-002 )」です

●太平洋戦争時における帝国陸軍の戦闘機「1式戦闘機 隼1型」を1/72スケールで再現したプラスチックモデル組立キット。

●マレー、ビルマ方面で活躍した飛行第59戦隊の「隼1型」を再現した内容となっています。

●フジミ社製「一式戦闘機 隼1型 「加藤隊長機」」をベースに、「飛行第59戦隊」の機体を再現するためにデカールを変更したバリエーションキットです。

【 飛行第59戦隊 について 】

●「飛行第59戦隊」は、帝国陸軍で初めて「1式戦闘機 隼1型」が配備された部隊です。

●1939年のノモンハン事件の際には装備していた「97式戦闘機」で参加、参加時期が遅れたためにその撃墜数は11機にとどまりました。

●1941年5月に内地において「1式戦闘機 隼1型」を受領、太平洋戦争開戦直前の1941年12月に仏印に派遣され、その後のマレー攻略、ビルマ方面への進攻、そしてジャワ島攻略などに参加、連合軍機に対して圧倒的な強さを示し、制空権の確保に活躍します。

●「飛行第59戦隊」は、太平洋戦争中期になるとニューギニア方面に投入されましたが、新鋭機を続々と送り込み、数的にも優勢なアメリカ軍に対して苦戦、その後は内地へと帰還し、防空戦などを行っています。

【 一式戦闘機 隼1型 について 】

●「1式戦闘機 隼1型」は、「1式戦闘機」として最初に量産化されたタイプです。

●その特徴は2翔式のプロペラを装備、後の「1式戦闘機 隼2型」と比べてカウリングが角張った形状で、主翼自体の長さも長くなっています。

●「1式戦闘機 隼1型」は当初、武装が機首部分に7.62mm機銃が2門という装備でしたが、後にその1門を12.7mm機銃へと変更、さらに後には2門共に12.7mm機銃へと換装されています。

●1943年には改良型となる「1式戦闘機 隼2型」にその座を譲り、「1式戦闘機 隼1型」は訓練用などに使用されています。

Default
  • File

    デルタ

    2021/4/17

    美しいアングルですね。大変気に入りました。

    返信する
  • 無骨な隼一型です。気に入ってもらえてうれしいです。

    返信する
  • Animals 16

    Jason1208

    2021/4/21

    「加藤隼戦闘隊」
    https://youtu.be/J_VddzVWjpI

    返信する
  • File

    tomica-loco

    2021/4/21

    小学生の頃「アニメンタリー決断」って言う太平洋戦争を題材にしたアニメを観て戦闘機の名前とか○○の戦いとか○○海戦って言うのを覚えた記憶があります。

    返信する