大日本帝国海軍 双発ジェット戦闘攻撃機「橘花」M7NかM8N海外ではJ9N

0


昭和20年8月7日に松根油を含有する低質油を16分間分だけ積んだ軽荷重状態で飛行を行い、12分間の飛行に成功、これが日本で初めてジェット機が空を飛んだ瞬間であった。日本海軍は橘花を量産配備する予定だった。橘花による航空作戦の実施に向けて編成されたのが第七二四海軍航空隊である。花がつく機は特攻機であるが、橘花のエンジン艤装を担当した渡辺進は「橘花は体当たり攻撃機ではなく、最初から帰還を前提とした特殊攻撃機であった。」と語っており、橘花は特別攻撃機ではなかったことを示唆している。

Default