ドイツ陸軍IV号戦車(/70(Ⅴ)Sd.Kfz.162およびSd.Kfz.162/1

0

Panzer IV/70(V), Sd.Kfz.162/1
IV号駆逐戦車の発展型であり、備砲が7.5cm Pak 42 L / 70に変更され、名称も「Jagdpanzer(駆逐戦車)」ではなく「Panzer(戦車)」に変更された。(V)はフォマーク社製であることを示す頭文字である。当初から前面装甲が80mmに強化された上、長砲身砲の搭載によりノーズヘビーの傾向が更に悪化したため、転輪ゴムタイヤの早い損耗を避けるべく9月の生産車から前部2つを鋼鉄製(ゴムは内部に収納)に変更している。また、履帯も肉抜き部の多い、より軽量の新型となった。
当初、IV号戦車ラング(=長砲身)という名前だったが、通常のIV号戦車の長砲身型と紛らわしいので口径名に変更された。1944年8月から旧来のIV号駆逐戦車との併行生産が始まり、工場の被爆で生産が縮小・停止する1945年4月までに940両が生産された。
シャーシ番号は320651-321000、および329001以降だが、途中に48口径砲搭載型が含まれるため、生産数と一致しない。
生産開始直後から順次部隊配備されているが、戦車駆逐大隊だけでなく通常の戦車隊(例えば、パンターで編成される戦車大隊のうちの1個中隊など)にも多く配備されており、名称の変更のとおり駆逐戦車ではなく、長砲身の戦車扱いであった。

Default