• Picture
  • 56688588 Museum
  • 161F ちょっと癖のあるギタリストたち・・・ピーター・フランプトン、ロイ・ブキャナン、パット・トラバース・・・。
File

ちょっと癖のあるギタリストたち・・・ピーター・フランプトン、ロイ・ブキャナン、パット・トラバース・・・。

61

ピーター・フランプトン・・・かのモンスターヒットライヴ【カムズ・アライヴ】で世界的にブレイクしたものの、その後徐々に地味になっていき、80年代にはすっかり過去の人になってしまった元祖イケメンギタリスト、ボーカリスト。ロック系のギタリストとしてはウェス・モンゴメリーをアイドルとする所も異色。

ロイ・ブキャナン・・・ジェフ・ベックをはじめとして業界内の多くのアーティストからもリスペクトされていた「世界で最も有名な無名のギタリスト」と言われた職人的なギタリスト。フレット外まで駆け上るフィンガリングとパキパキのピッキングが特徴。
パット・トラバース・・・カナダ出身ながらも、ブレイクしたのはイギリスに渡ってから・・・。その後も海外では多くのファンを持ちメジャーな存在であったものの、日本では今一つ人気が出なかった。
このページではせっかく実力がありながら、現在はあまり評価が高くなかったり、半ば忘れかけられたギタリストを取り上げたいと思う。
ヘンリー・マッカロクは元グリース・バンドのギタリスト。一時期ポール・マッカートニーのウィングスにも在籍。ポールをぶん殴って止めたというエピソードも・・・。その後地道に自身のバンドを中心として活動。
エイドリアン・ブリューは、トーキング・ヘッズ、キング・クリムゾンで活躍。ギターで動物の鳴き声を再現出来るという特技を持つ。

もっと見る

Default