【GBA】ロックマンエグゼ

0

ロックマンエグゼ。2001年3月21日発売。将棋のようなマス目の中で、カードゲーム性があるチップを使い、敵を倒すゲーム。現実とネット空間を行き来して問題を解決していくアクションRPGゲームである。

事実をそのまま書くと、こうなるのだが、初めて見る人には全く分からないと思う。
だが、このゲームは当時非常に人気で、近未来的な世界観とシンプルでありながら新しい戦闘システム。全く何を言ってるか分からねーと思うが、当時任天堂の看板ソフトを抜けば、売上トップになるような、キッズにとってはポケモンと並ぶソフトだったんだぜ?

当時ゲームボーイアドバンスが発売されると聞いて、ワクワクしていたのだが、ローンチタイトル(本体同時発売のソフト)に僕が好きなポケモンが全く無かった。ローンチタイトルは、F-ZEROやナポレオン、コナミ版マリオカートなど、渋いタイトルが多かった。なので、このソフトの表紙を見て「このゲームで我慢するか…はぁ…」と酷いことを思いながら、優しい親は買ってくれた。

しかし、やってみたら、これがどハマり!!元々カードゲームは任天堂の名作ソフト『カードヒーロー』が好きだった。ただし、カードゲームは戦略的で面白いが、アクション性は全く無く紙でもできるので、ゲームをしてる感じがしなかった。しかし、このロックマンエグゼはデッキを自分で作り、そのカードを使って、3×6のマス目の一部分に攻撃判定があるのを当てるゲーム。アクションとカードが合わさった新しいゲームの登場だった!

しかし、当時の同級生は、というか、普通の家庭はローンチにゲーム機を買わないため、皆と一緒にロックマンエグゼを楽しむのはアニメ漫画等メディア化された、2作目や3作目になる。

プラグイン!!ロックマン.EXE、トランスミッション!

Default