Guns N' Roses "Appetite For Destruction" US Original LP [Rape Sleeve]

0

新人バンドのデビュー盤として史上最も有名なアルバムのひとつで、この2017年7月21日にリリース30周年を迎えた。この盤はUSオリジナルLPでいわゆるレイプ・スリーブと呼ばれ、後に発禁処分となる初回3万枚のプレス分。本タイトルはリリースからおよそ1年をかけて全米No.1アルバムへと登り詰めた。スリーブのイラストはアメリカの画家、ロバート・ウィリアムズによる "APPETITE FOR DESTRUCTION" [1978年作]。このイラストを気に入ったアクセル・ローズが自身のアルバム・ジャケットへの使用許可を求め、タイトルと共にロック史上重要なアルバムのスリーブを飾ることになる、はずでした。
30年が経過した今も未だ色褪せない楽曲とロックらしい音像に感服しきり。2017年現在継続中のライブ・ツアー "Not In This Lifetime..." においても01、02、03、04、05、06、07、09、12 という楽曲が主軸でプレイされ続けている。ライヴでは必ずラストを決める "Paradise City" が SIDE-G(A面)のラストを飾り、もう一つのコアなファンによる人気曲 "Rocket Queen" が SIDE-R(B面)のラストを彩る辺りのセンスが今聴いても震える。ストレートでスリージーなロックに絶妙なパンク色、バラードを散りばめた大名盤。
本盤はシュリンク・シールド状態。(経年により裂けてきていますが...。)フロント・スリーブには角型のステッカーが貼られているがこの他に楕円形のステッカーも存在する。
収録曲
01. Welcome To The Jungle
02. It's So Easy
03. Nightrain
04. Out Ta Get Me
05. Mr. Brownstone
06. Paradise City
07. My Michelle
08. Think About You
09. Sweet Child O' Mine
10. You're Crazy
11. Anything Goes
12. Rocket Queen
@gunsnroses
#GnFnR

Default
  • File

    baggio10

    2019/11/2

    このジャケットが発禁処分になったのは知っていましたが、元々誰かが描いていた絵だったとかそれをアクセルが気に入ったといったエピソードは初めて知りました。ありがとうございます!

    返信する