【柔道一直線】DVD vol.3

0

二段投げ・地獄車…もう僕の世代はこの技の名(架空の技)を聞くとたまらないのである。

【柔道一直線】DVD Vol.3。

第26~37話を収録(全92話)。 覆面外人柔道選手ジュードーサタン、黒人ボクサーのサミー・ジャガー、超自然児の熊野太郎、柔道番長の力石竜…主人公の一条直也が強くなるにつれ、次々と新しいライバルが現れる。

サミー・ジャガー…インターナショナルハイスクールの不良黒人グループ5人組のボス。当時はシラナンダが、5人組の3人はラッツ&スターよろしく顔を黒く塗った日本人ではないか(笑)

柔道番長・力石竜…彼もそうだが、とてもお世辞にも中学生には見えない中学生(爆)が出るわ出るわ♪

オマケには同窓会。 主人公の一条直也の桜木さん、師匠の車周作の高松英郎さん、ミキッペ役の吉沢京子さん、後に2号ライダーで人気を博した佐々木剛さん、ミラーマン鏡京太郎役の石田信之さんらが当時の思い出を語るのだが、佐々木剛さんが喋る喋る!(笑)

後少しで全話揃います♪

#柔道一直線 #柔道 #特撮 #ドラマ #昭和 #仮面ライダー #ミラーマン

Default
  • File

    bigmac

    2020/8/27

    私はリアルタイムで見ていました。現在有料放送で再放送されているのでたまに見ますが、笑えます!(^^)!子供の頃は真剣に見ていましたが、何でもありの昭和感がたまりません。

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2020/8/28

      bigmac様

      コメント有難うございます。

      リアルタイムで観ていたって事は、『地獄車封じ』や赤月旭みたいに二段投げを破れるって解釈でよろしいですか?(笑)

      初放送当時は幼稚園年長組でした。やたら再放送が多く、友達と『ごっこ』で遊んでいました(笑)

      何でもあり…そうですね。あの荒唐無稽さは【赤影】と【柔道一直線】位ですかね。(【サインはV!】もかな)

      同時に面白かったです♪ 今こんなの作れないです(色々と規制もあって)。

      返信する
    • File

      kyusha_fan

      2020/12/19 - 編集済み

      サミー・ジャガー率いる黒人5人組の傍若無人ぶりは目に余るものでしたね。そのサミー・ジャガーが一条直也に向かって「一条、オレのブラックパンチ受けてみろ!」って言ってましたね。

      返信する
    • File

      bigmac

      2020/12/19

      もうそれは柔道ではない!(笑)

      返信する
    • File

      kyusha_fan

      2020/12/19

      いや〜、懐かしいですね。よく見てましたよ。
      当時は何回も再放送してましたね。相当フィルムが傷んで最後には全体にフィルターをかけたように色が一色みたいになってましたね。(笑)

      返信する
    • File

      8823hayabusa

      2020/12/24

      kyusya_fan様

      遅くなり申し訳ありません。

      そう、「ヘイ、イチジョー! コシヌケ! ニッポンジュードーヨワイネ!  オレトショウブシロ!」とかやたら挑発していましたよね。 

      彼もまた先祖が奴隷だった黒人の劣等感があり、同じ学校の白人柔道選手をもブラックパンチで倒していました。

      そうなんですよ。 DVDだというのに映像を観ていると、黒い部分が波打っている様な時があり、最初自分の眼がどうかなっていたのでは?と(笑)

      返信する
    • File

      8823hayabusa

      2020/12/24

      bigmac様

      遅くなり申し訳ありません。

      脚本書いた佐々木守氏、彼の作風が好きでファンなのですが、甲子園球場は大阪に在るものと思って【男ドアホウ甲子園】書いたり(笑)

      そんな佐々木氏、柔道のルールも技も知らずに【柔道一直線】の脚本を書くのに、前日買った『柔道入門』を読んで書いたりと(爆)

      全話の最初の1/3はとにかく視聴者を惹きつけようと覆面柔道家だのプロレスラーや異種格闘技戦の要素を入れたとか。  残り2/3は試合や友情、学園要素が強いです。

      返信する
    • File

      kyusha_fan

      2020/12/24

      個性豊かな面々でしたね。

      返信する