影丸穣也・中城けんたろう版 【怪奇大作戦】

0

これらは少年誌で発表された両氏の作品をまとめたもの。 どうせなら池上遼一先生のも収録して欲しかったな(ぐすん)。

画像2枚目は『人喰い蛾』、3枚目は『恐怖の電話 + 壁抜け男』(影丸版)

画像4枚目は『氷の死刑台』、5枚目は『幻の死神』、6枚目は『かまいたち』、7枚目は『果てしなき暴走』。  

『幻の死神』は津久井港という架空の港町が出てくる(実際は岡山県倉敷市の下津井港)のだが、なんと三沢は的矢所長の命令でさおりちゃんと2人で出張捜査を命じられて宿泊している。  ちっくしょう!(ジェラシー)(笑)

# 円谷プロ # 怪奇大作戦  

Default
  • File

    mocopapa

    2017/8/31

    色々とお詳しいですね。怪奇大作戦から下津井の名前が出てくるとは思いませんでした。テレビ版では、下津井港とわかる場面が出てくるんでしょうか?今度、気をつけて観たいと思います。

    返信する