ネタバレ注意‼ 週刊少年マガジン【ハウスジャック ナナちゃん】掲載号 。

0

皆様はトラウマとか潜在意識から抜けない…今回で言えば゛漫画゛はお有りでしょうか?

僕は永井豪作品に多いです。【デビルマン】での美樹の死ぬシーン、【バイオレンスジャック】の人犬登場シーン、【酒天童子】の主人公を護る友人・直次郎が鬼に喰われるシーン…全部やないか‼(笑)

そしてこの【ハウスジャック ナナちゃん】の第3話目がそうでした。1977年(昭和52年)、週刊少年マガジンに3週短期連載された、筒井康隆の作品を赤塚不二夫が描くって事で話題を呼んだ。

≪3週目≫ 人の心が読めるナナは住み込みのお手伝いさん。ある家で、いい歳をした妻帯者ながらも超弩級のマザコン男。そして超弩級の息子溺愛の老婆。

妻の心を読むと、頼まれて嫁いで来たのに完全に邪魔者扱いで悲しんでいる。

そしてある日…老婆が死に、息子は葬儀の場でまるで駄々っ子の様に転がって泣きじゃくる。葬儀参列者達は驚きながらも悲しい顔をしているが、内心(あ~あ、いい歳してみっともないよな)(こんな面白い葬儀は初めてだ♪)と、馬鹿にしているのをナナちゃんは聞き逃さなかった。

そんな中、上司の部長さんだけが(お母さん、貴女は良い時に死んでくれた。貴女の息子はとてつもない能力があるのに親に甘えてばかりだ。しかし親が居なくなれば一人で生きていかねばならない。息子さんは私が責任持って見守り育てます。成仏して下さい)と、息子を見放していない。

そんな時にナナちゃんは泣いて苦しんでいる誰かの声を聞く。誰だろう? なんと母親が棺桶の中で生き返った‼ だが身動きがとれない。 斎場に着き、棺桶が釜に入る。息子は泣きじゃくとたまま。ナナちゃんだけが母親が生き返った事を知っている。今ならまだ間に合う。しかしナナちゃんは悩み葛藤しながらも部長さんの思いも知り、(お母さん、あなたは死ぬべきなのです。ナミアミダブツ…)と黙殺。 ラストは生きながら焼かれる母親の断末魔の声が…

記憶と資料で調べ、3週分のマガジンを探し購入。

※【ハウスジャック ナナちゃん】は、赤塚不二夫の短編集みたいなのに掲載されている。

# 赤塚不二夫
# 筒井康隆
# 週刊少年マガジン

Default
  • File

    T tuyosi

    2018/2/17

    衝撃的な話ですね!
    ナナちゃんがカワイイ😍

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2018/2/18

      T tuyosiさん

      カットによっては赤塚不二夫が描いていたりします♪

      返信する
  • File

    塚原ユズル

    2018/2/17

    衝撃!

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2018/2/18

      塚原ユズルさん

      これと、アランドロンの【ボルサリーノ2】ってマフィアの映画で、ドロンらが機関車の客室で捕まえた敵対組織のボスを縛り、機関室の釜の扉(スコップで石炭を入れる所)を開けて釜に押し込むシーンも忘れられません。

      返信する
  • Animals 41

    シバタ

    2018/2/18

    月刊ジャンプの白い戦士ヤマト漫画を思い出します。犬があり得ない技を披露するシーンが沢山🐜ます

    返信する
  • Animals 41

    シバタ

    2018/2/18

    筒井康隆先生!小松左京さんと二文するSM作家?違ってSF作家ですね✨ビーバップハイヒールに出演されていますね👍

    返信する
  • File

    mocopapa

    2018/2/18

    ラストの棺桶のなかの母親の声が聞こえるというのは衝撃ですね。他人のために、究極?の選択をしたナナちゃんが実は一番苦しいのではないでしょうか?筒井康隆の原作を読んでみたくなりました。

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2018/2/19

      mocopapaさん

      だそ?小学生の頃に散髪や屋さんで読み、このページは衝撃的でした。

      人の心を読めるというのは良し悪しでいえば『悪し』の方が強く、知りたくもない事まで知ってしまいますね(汗)

      筒井康隆さんの原作は有名らしいです(僕は知らなかったけど(笑))。

      返信する