昭和のラヂオ

1

このレディオ・・・いかん、教養が(笑)  このラジオ、小学生の頃に夏休みの朝のラジオ体操に使った記憶がある。

昔の電化製品て、『一部木製』だったり『カバーが革製』だったりする。 今は無いよね。

# 唱和レトロ  # 昭和電化製品

Default
  • File

    mocopapa

    2017/8/15

    朝ドラ「ひよっこ」の中で、女の子達が組み立てていたタイプのラヂオが最近、無性に気になっています。。レザーケースではなく、うちのは廉価タイプのビニールレザーに入ったものはありました。

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2017/8/15

      ♪愛の言葉をリィルゥ~ シャイなハートがド~キドキ~♪

      向島電器でしたかね。 あれは雰囲気が昭和チックで良かったですね。 あのメンバーでは眼鏡かけたすみ子さんが好き(照)

      ビニールレザーも一時期流行りましたね♪

      返信する
    • File

      mocopapa

      2017/8/15

      すみ子ちゃんは、ハワイへ連れってってもらえるんですよ。よがったなぁ~。。。

      返信する
  • File

    kyusha_fan

    2021/1/11

    ラジカセ全盛時代の昭和のラジオやラジカセには別売りとしてそれ専用のキャリングケースが用意されてましたね。子供から見れば結構いい値段でしたが、それをつけると引き締まってカッコよく見えるんですよね。憧れました。

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/11

      kyusha_fan様

      有りましたね~♪ そう、なんとなくカッコ良さ度が3割増しに見えるという(笑)

      返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/11

      kyusha_fan様

      もうこれは、家電に限らず車でも、『大量生産・低コスト』≫『味わい』な図式になり、『味わい』を失ってしまいました。

      昨日、ブックオフに行ったらかなりコンディションの良さそうなフェアレディーZ(昭和40年代前半~半ばの型)が停まっていました。 ↑の通り、味わいが勝っていた時代の車でした。存在感がハンパなかったです。

      返信する
  • File

    13f_shizu

    2021/1/11

    味のあるいいラヂオですね~

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/11

      13f_shizu様

      味わい深いですよね🎵 しかし次第に無駄を省いた未来的な外観に代わっていき、そしたらまた今度はクラシカルなデザインに…時代は繰返しますね。

      返信する
    • File

      kyusha_fan

      2021/1/11

      ラジカセ全盛時代から多数のメーカーが製造コストを抑えた(私はそう思ってる)丸くて作りやすい物へと変化していったように思えるのです。
      ですからどこも似たようなデザインになってしまい何となくつまんなくなってしまいましたね。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2021/1/11

    そうそう、うちのラジオも「革製カバー」でした。革の独特のにおいまで覚えてます。

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/11

      omaharuge102様

      そうだ! 左右田一平!(笑)

      そう、革の匂いがしていましたね。今思い出しました!

      返信する
  • File

    sat-2019

    2021/1/11

    携帯ラジオには、カバーは鉄則ですね😃
    私も小中時代、親父からもらったパナソニックのトランジスタラジオには、もれなくカバーがついておりました🙌🏻

    返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/11

      sat-2019様

      ナショナルからパナソニックに社名が変わった頃のラジオにも革カバーが付いていたのですね♪

      余談になりますが、我が家には【富士通ゼネラル】だの【サンヨー】とかの家電があります(笑) 昔のはやたら頑丈で、調子悪いと叩けば直るという(爆)

      返信する
    • File

      sat-2019

      2021/1/12

      説明不足ですみません🙇🏻‍♂️
      70年代のトランジスタラジオでしたが、"National/Panasonic"という表記がすでになされていたものでした。
      しかし、昔の方が頑丈かつ構造がシンプルなだけに、叩いただけで直ってしまうんですよね🙀
      さすがにモジュール化してしまった今の電化製品では、ありえませんよね🙌🏻

      返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/12

      sat-2019様

      という事は・・・多分ですけど、記憶をさかのぼれば【パナソニック】という呼称は海外でのナショナルのブランドで、後にグローバル化を目指して海外での【パナソニック】に統一した・・・ような。  セイゴ→フッコ→スズキみたいな?(そりゃ出世魚やんけ!:笑)

      14年前に足踏みミシンを解体したのですが、その頑丈さには舌を巻きました。 ここまでやるか?って位に。

      返信する
    • File

      sat-2019

      2021/1/12

      確か海外でNationalの商標が使えなかったのでPanasonicを海外ブランドとして、仰るようにグローバル化のためにPanasonicに統一されたはずです。
      出世魚の例えは、意外な視点ですね😃👍
      足踏みミシンは、小学生の頃、家庭科室にありました。
      相当頑丈な作りだった記憶があります。
      1台解体するのに一苦労しそうですね💦

      返信する
    • File

      8823hayabusa

      2021/1/13

      それが何時頃だったかハッキリ覚えていないのですが、ニュースで社名を統一するとかをやっていて、その費用がこの会社クラスの規模だととんでもない金額だったのを覚えています。

      返信する
    • File

      sat-2019

      2021/1/13

      ブランドの統一やCIでロゴを変えるのは、相当お金がかかるみたいですね。
      昔、NECがロゴを変えたときに、すごくお金がかかった話を、NECの協力会社で働いていた方から聞いたことがあります。

      返信する