Keith Jarrett / J.S. Bach ; Das Wohltemperierte Klavier Buch I ( W.Germany, ECM, ECM New Series 1362/63,– 835 246-1) <1987> その ① - 2

0

Keith Jarrett / J.S. Bach ; Das Wohltemperierte Klavier Buch I ( W.Germany, ECM, ECM New Series 1362/63,– 835 246-1) <1987> その ① - 2
(1) 835 247-1 S1=3 ECM1362 320
(2) 835 247-1 S2=2 ECM1362 320
(3) 835 248-1 S1=2 ECM1363 320
(4) 835 248-1 S2=2 ECM1363 320

Digital Recording
February 1987, Oxford, New Jersey

その後に多くの「平均律」を聴いてきたいま、この作品で聴ける素晴らしく粒の揃った透明感あるタッチ、清冽な響き、安定感は、やはりキース独自の世界で、他のどのピアニストでも感じられなかったものと思っています。

ジャズの世界からもクラシックの世界からも無視された作品ですが、先入観なしに聴けば今も感動します。キースが「ジャズ・ミュージシャン」という世界から出てきたのでなければ、もっと的確に評価されたのではないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=OtoSGzJFQA0&list=PLGHi1F2Acw095JUx-baNdmxsjEE2oSOWz&index=2

Default
  • File

    woodstein

    2020/3/25

     ジャズの世界からどうなのかは知りませんが、クラシックの世界からも無視されている、というのは少し言い過ぎではないか、という気がします。少なくとも、私の周囲にいたクラシック音楽仲間は押し並べてこの盤を評価していましたし、私のミュージアムにも展示した俵孝太郎氏の著書にもこの録音を評価して推薦する記載がありました。もちろん、これだけをもって判断するのは適当ではありませんが、日本のクラシック音楽ファンは概して保守的ですので、この録音が受け入れられやすい素地はあると思います。

    返信する
    • コメントありがとうございます。自分の周囲では否定的な意見の方ばかりで、寡聞にして高評価・好意的な評価は耳にしたことがありませんでした。ジャズ・ファンが多数だったためでしょうか。個人的な思い入れのある愛聴盤でしたので、そうした意見の方がいらっしゃると、またクラシック・ファンの方が評価しているというということは、非常にうれしく思います。ありがとうございました。

      返信する