1996 16TH ONYX ARROWS FOOTWORK HART FA17 J.VERSTAPPEN

0

大型スポンサーと共にアロウズへ移籍
1996年 ヨス・フェルスタッペン 

フェルスタッペンはベネトンとの契約を
終えて地元オランダに本社がある
ヨーロッパ最大の電気メーカーであった
フィリップス・カーシステムとともに
ハートエンジンのアロウズに移籍する

R3アルゼンチンGP予選7位→決勝6位は
どちらもシーズンベスト 自身2年ぶりの入賞

シーズン序盤にトム・ウォーキンショーが率いる
TWRに買収されると翌年に標準を合わせる為
1996年度の開発を止め 信頼性は悪化

フェルスタッペンはチームからの3年契約の
オファーを断り翌1997年はティレルに移籍

フットワークのコンストラクター名称が入った
最後のマシンであるとともに翌年から参戦の
ブリヂストンタイヤのテストも実施
フェルスタッペンは何かと日本と関わりが多い

ONYXから発売の2種類のモデルは
画像1 R4ヨーロッパGP仕様(後半戦カラー)
画像2 R2ブラジルGP仕様(前半3戦カラー)
契約の関係でフェルスタッペンの名称ではなく
DUTCH DRIVERの表記になっており
ドライバ―ヘルメットのデカールが無い

#F1-1996年
#フェルスタッペン
#1996年

Default