1979 (26TH) SPARK ENSIGN N179 D.DALY

0

F1史上 唯一無二のデザイン 
最も醜いとも言われる ENSIGN N179

1979年エンサインは序盤2戦を
前年型のマシンで戦い
R3南アフリカGPよりエンサイン初の
グランドエフェクトカーN179を導入

誰もが驚くデザインで
冷却機器をノーズに配置
上部にオイルクーラー
下部にラジエター
階段状の3枚刃を持つ独特な形状は
別名チーズグレーター(チーズおろし器)

結局 冷却機器が機能せず
オーバーヒートで予選落ち
コックピットに流れ込む熱気が
ドライバ―のD・デイリーを苦しめた

このデザインはR3南アフリカの予選のみで
R4以降は通常のノーズに戻されたが
N179でのデイリーは予選通過は1度のみ
(前年度のN177での決勝11位が最高位)
エンサインを離脱しその後ティレルに移籍

F1の雑誌等でユニークデザイン車では
必ずと言っても良いほど話題に上がる
ENSIGN N179をSPARKがモデル化
予選のみのデザインながら
F1史上最もインパクトを残した1台

#F1-1979年
#F1ユニークデザイン
#チーズおろし器

Default