1983 (33TH) SPARK ARROWS A6 A.JONES

0

ワールドチャンピオン A.ジョーンズ
1戦限りのF1復帰 ARROWS A6

1981年限りで引退を表明
最終戦ラスベガスでの勝利をもって
F1を離れていたアラン・ジョーンズ

1983年R2アメリカWEST ロングビーチで
突如C.セラに代わりF1に復帰します

予選12位はTMのM.スレール(16位)で勝るも
決勝は58周目に体調不良でリタイア
スレールはシーズンベストの5位入賞

ジョーンズの1983年はこの1戦のみ
1984年は再びF1を離れて
1985年にハース・ローラで2度目の復帰

1983年アロウズのA6序盤戦は
スポンサーが少なく 白ベースのマシンに
F1ではあまり見ないアメリカのオイル
VALVOLINE(バルボリン)のロゴが
ロングビーチGP限定で大きく貼られている

#F1-1983年

Default