1996 WORLD CHAMPION PMA WILLIAMS RENAULT FW18 D.HILL

0

F1史上初の親子2代 ワールドチャンピオン
デイモン・ヒル WILLIAMS RENAULT FW18

1996年はTM J・ヴィルヌーブとの
チャンピオン争いは最終R16鈴鹿決戦

PPはヴィルヌーブ フロントロウはヒル
ヒルは16戦全てでフロントロウ獲得
37周目にヴィルヌーブがリタイアで
ヒルのチャンピオンが決定
ヒルは最後までトップ譲らず鈴鹿を制した

父グラハムは1962・1968年チャンピオン
史上初の親子2代 ワールドチャンピオン誕生

この鈴鹿の約20日前ヒルは翌1997年を
TWRアロウズとの契約が発表された

これによりウイリアムズは
1987年 N・ピケ   →ロータス
1992年 N・マンセル →インディーCART
1993年 A・プロスト →引退
1996年 D・ヒル   →アロウズ
4人連続でワールドチャンピオンが
翌年自チームにいない異例の状況

ヒルを慕う数人のスタッフと何よりも
デザイナーのエイドリアン・ニューウェイ
までもがこの件でチームを離脱してしまう

モデルはU.K 限定別注販売の
ドイツGP優勝仕様でヒルが
トロフィーを掲げる珍しいデザイン

#F1-1996年
#ワールドチャンピオン
#F1
#史上初の親子2代ワールドチャンピオン

 

Default