1981 13TH BRUMM FERRARI 126CK TURBO D.PIRONI

0

リジェよりフェラーリ移籍
ディディエ・ピロー二 FERRARI 126CK

1981年フェラーリは引退した
J・シェクターの後任として
フランス出身のD・ピロー二を起用して
G・ヴィルヌーブとコンビを組んだ

フェラーリ初のターボエンジン搭載で
あったが熟成に苦しみ入賞は4回
4位1回 5位3回で表彰台は無しに終わる
年間順位は13位 9P FL1回

TMのG・ヴィルヌーブは2勝を含む
表彰台3回の年間順位 7位と
差をつけられたものの

予選に関しては後半7戦で
ピロー二が4度上回るなど徐々に
互角の戦いをするようになり
運命の翌1982年を迎える

モデルはR13イタリアGP仕様
予選8位→決勝5位入賞
ピロー二がフェラーリで走行した
唯一のイタリアGP モンツァ

#F1-1981年
#FERRARI
#BRUMM

Default