1981 (26TH) SPARK FITTIPALDI F8C K.ROSBERG

0

チャンピオン前年 ケケ・ロズベルグ
ノーポイント DNQ 5回 FITTIPALDI F8C

1981年ケケはFITTIPALDIの2年目
エマーソンの引退に伴いNo.1ドライバ―
チームメイトはブラジル出身 チコ・セラ

マシンは昨年の改良型FITTIPALDI F8C
予選はR3アルゼンチン 8位
決勝はR2ブラジル   9位が最高

モデルはR5ベルギーGP仕様
予選11位→決勝リタイア
タイヤはアメリカのクーパー・タイヤ

チームはメインスポンサーを失い資金難
後半は予選通過もままならず予選落ち5回
C・セラと合わせてチームは13回予選不通過

メインスポンサーは無いが
1990年代フェラーリもサポートした
PIONEER(パイオニア)の青いロゴが目立つ

ケケは翌1982年A・ジョーンズの抜けた
ウイリアムズに移籍
ノーポイント・予選落ち5回から
翌年はワールドチャンピオン獲得する

#F1-1981年

Default