1991 (37TH) SPARK FOOTWORK FA12 S.JOHANSSON

0

1991年ヨハンソン最後の年。
開幕から2戦はAGSで参戦も予選落ち
(TMのG.タルキーニは22位 / 24位で通過)

R5カナダGPを負傷のA.カフィの代役で出場。
チームメイトはフェラーリ以来のアルボレート
エンジンは期待されたポルシェV12でしたが...

予選はアルボレート21位 ヨハンソン25位で通過も
決勝はリタイア(モデル仕様)

以後ポルシェ最後のR6メキシコGP含め
R7フランスGPからフォードエンジンに切り替えも
3戦連続予選落ちで R9からカフィが復帰   

結果的にポルシェエンジンで走行の
R5カナダGPがヨハンソンの
生涯最後の79回目の決勝出走でした。

#1991

Default