1984 17TH SPARK TOLEMAN TG184 S.JOHANSSON

0

ステファン・ヨハンソン
F1初ポイント TOLEMAN TG184

1984年ティレルより途中参戦した
S・ヨハンソンであったが
所謂 水タンク事件でティレルが活動休止

R14イタリアGPからはトールマンから出場
このGPは移籍問題に絡みチームがA・セナを
出走させなかった為にヨハンソンは
カーナンバー19 急遽参戦のP・マルティニが20

予選17位→決勝4位入賞 F1初ポイント獲得
ヨハンソンの通算入賞回数は26回

終盤2戦はセナが復帰したため
カーナンバー20で出場も予選ではセナに
大差で敗れ入賞はならなかった

翌1985年は再びティレルに1戦のみ戻り
R2~はフェラーリで参戦する

Default
  • File

    toyochan10423

    2022/11/18 - 編集済み

    この頃はひたすら二輪のロードレースに夢中になっていた時代でF1から遠ざかっていたのですが、たまたま読んだ雑誌でコーリンチャップマンがセナのことをジムクラーク以来の天才と称していたのですが、やっぱり群をぬいていたんでしょうね?
    セナの話題でスミマセン。

    返信する
    • File

      FW12C

      2022/11/18

      ヨハンソンは途中加入という事もありますが
      予選2回でセナ12位VSヨハンソン26位 セナ3位VSヨハンソン10位と
      歯が立ちませんでした
      トラブルもありましたが前半戦のチームメイトのJ・チェコットが
      セナに予選で2度勝ったのは奇跡かもしれません✨
      TOLEMAN TG184もセナが乗ったからこそ2社から量販モデル化されました
      コーリンチャップマンの創設のロータスが
      契約途中のセナを横取りも理解できますね🙂

      返信する