1996 13TH PMA TYRRELL YAMAHA 024 M.SALO

0

ミカ・サロ ティレル2年目
ティレル ヤマハエンジン最後のマシン

メインスポンサーであった
フィンランドの通信会社ノキアの
スポンサーを失い 資金難のティレル

TYRRELL 024は2年ぶりのハイノーズ採用
サロは前半6戦で3度の入賞と好調なスタートも
以降はマシンの開発不足と
軽量コンパクト新型ヤマハエンジンの
信頼性欠如にも悩まされ入賞は無し

R11ドイツGPでは高速サーキットの
ドラッグを減らすために
細いフロントタイヤをリヤにも取り付けた
全輪フロントタイヤという奇襲作戦に出たが
グットイヤーのクレームが入り
結果 フリー走行後に禁止となった

1996年 入賞5位2回 6位1回 5ポイントは
1995年とまったく同じ成績
年間順位は13位(1995年は15位)

翌1997年もサロはティレルに残留
1990年以来となるフォードエンジンを採用

この年でマイルドセブン・大韓航空などの
大手スポンサーもほとんどが終了となった

#F1-1996年

Default