1979 13TH SPARK RENAULT RS10 J.P.JABOUILLE

0

記念すべきルノーとターボエンジン初勝利

ジャン=ピエール・ジャブイユ フランス出身
ルノー初参戦の1977年より所属で3年目
この年よりルノーは2台体制 TMはR・アルヌー

R3南アフリカは前年より仕様のRS01で
ルノー初のPPを獲得も決勝はリタイヤ

ニューマシンのRS10をR5スペインで導入
迎えたルノー地元R8フランス ディジョン
モデル仕様 (台座のRS11表記は間違い)

ルノーは予選フロントローを独占
決勝は47週目にジャブイユがトップを奪い
後半は独走して自身初の優勝

これはルノーにとっても
1.5ℓターボチャージャーエンジンにとっても
F1初の優勝 ターボエンジンの幕開けとなった

これ以降はターボエンジンの信頼性問題で
ジャブイユはポイント獲得ならず
予選ではポールポジションは4回獲得も
フランスの優勝のみがこの年唯一のポイント
#1979

Default