2018 3RD BBURAGO FERRARI SF71H K.RAIKKONEN

0

ライコネン113戦ぶり最後の通算21勝目

第2期フェラーリ5シーズン目
SF71Hは序盤より好調
前半12戦中8回の表彰台で復調の兆し

R14フェラーリ地元イタリア モンツァ
在籍通算8年目にして初のフェラーリで
モンツァでのポールポジション獲得
決勝はL.ハミルトン(メルセデス)に
惜しくも敗れて2位

R18アメリカGP 予選2位から
決勝は1ストップ作戦も功を奏し
ロータス時代より113戦ぶりの優勝
通算最後の21勝目を飾った

優勝を含む12回の表彰台 年間順位3位
第2期フェラーリ時代では最高成績を残し
翌年はザウバー(アルファロメオ)移籍

2018年のPP・優勝・FLは各1回 いずれも
ライコネンの生涯最後のものとなった

#2018
#2021年ライコネン引退

Default