1986 11TH SPARK LOLA THL2 A.JONES

0

1980年ワールドチャンピオン
A・ジョーンズ 最後のマシン

1986年ジョーンズは前年度スポット参戦の
チームハース ローラから本格復帰
ハースはアメリカのチームであったが
ローラ名義でコンストラクターを登録
P・タンベイとのベテランコンビ

R3サンマリノよりニューマシンの
THL2を導入 デザイナーはマクラーレンの
現開発責任者のニール・オートレイ
エンジンもハート→フォードに変更

後半戦にマシンの熟成が進み
予選最高はR12ハンガリーの10位→決勝R
R13オーストリアで予選16→決勝4位
TMのタンベイ5位で初入賞をダブルで飾った

ジョーンズは続くR14イタリアでも
予選18位→決勝6位入賞 結果これが
ジョーンズ生涯最後の39回目の入賞

最終戦地元オーストラリア終了後
F1から(2度目の)引退を表明した

チームハース ローラもメインスポンサーの
ベアトリス・フーズ(アメリカ総合食品)が
撤退したため 1年半の短命で姿を消した

アラン・ジョーンズ(オーストラリア)
決勝出走回数 116回

予選最高位 PP ( 6回)
決勝最高位 優勝 (12回)
表彰台獲得回数  (24回)
ファステストラップ(13回)

WORLD CHAMPION   1980年 
#1986
#F1最後のマシン

Default