1976 4TH PMA TYRRELL P34 P.DEPAILLER

0

プロジェクト34 革新的6輪車
パトリック・デゥパイエ 初戦エントリー

1976年ティレルが導入したTYRRELL P34は
ディレック・ガードナーがデザイン

フロントタイヤを小径にして
空気の抵抗を少なくし理想的な流れに
するとともにグリップ力維持の為
前輪を縦方向に2輪ずつ並ぶ4輪にする
革新的なデザインの6輪車を導入した

R4スペインGPが実践デビュー
デゥパイエのみのエントリーで
いきなりの予選3位獲得は
TMのJ・シェクターのティレル007よりも
1秒以上速いタイムであった

デゥパイエはP34で2位4回 3位1回
R14カナダGPではファステストラップ記録
年間順位は4位 生涯ベストリザルト

◆R16日本(富士SW)予選13位→決勝2位◆
富士SWでは2周ラップリーダーも記録
チーム ドライバ―名はひらがなで
【たいれる どぱいえ】マシンに表記された

#1976
#F1-1976年
#P34
#たいれる

https://muuseo.com/FW12C/items/956?theme_id=35914

1976 3TH PMA TYRRELL P34 J.SCHECKTER 〖🏆1〗
F1 4輪車以外での唯一の勝利 TYRRELL P34 ジョディー・シェクター 6輪車 TYRRELL P34の根底にあるものは コスワースDFV搭載の従来のマシンでは フェラーリに対抗できないという デザイナー D・ガードナーに考えによるもの シェクターのTYRRELL P34のデビューはR5から R5ベルギー 予選7位→決勝4位入賞 R6モナコ  予選5位→決勝2位表彰台 R7スウェーデン 予選ポールポジション獲得 決勝はM・アンドレティ(ロータス)に先行を許すも エンジントラブルでリタイヤ後 46周目からトップに立ち27周トップ走行し優勝 TMのP・デュパイエと1・2フィニッシュを飾る これはF1史上 4輪車以外での唯一の勝利 R10ドイツ 2位表彰台を6戦連続入賞でかざり このGPはファステストラップも記録している シェクターのTYRRELL P34の成績は 出走12回 PP1回 優勝1回 表彰台5回      6位以内入賞10回 FL1回 完走した10レースすべてで入賞を果たす ◆R16日本(富士SW)予選5位→決勝リタイア◆ シェクターの1976年の年間順位は3位であるが TYRRELL P34の12戦のなかでは2位 しかしサスペンション周辺の剛性不足と それに対応するチームの根本的な対策の欠如で シェクターはTYRRELL P34を好まずに 3年間過ごしたティレルを離脱 翌1976年は新規チームウルフに移籍する #F1-1976年 https://muuseo.com/FW12C/items/893?theme_id=35914
https://muuseo.com/FW12C/items/956

Default
  • File

    sat-2019

    2022/03/02 - 編集済み

    幼い頃、この6輪にすごく魅せられました。
    平仮名で「たいれる」と書かれていたのを知ったのは、後のことでしたが、いろいろとインパクトのあったマシンだと思います。

    返信する
    • File

      FW12C

      2022/03/02

      子供の頃も大人の今も(笑)魅了されますね✨
      やはりインパクトは絶大でしたね😃
      今でも雑誌の特集やモデルカーシリーズには必ず
      ラインナップされていますね👍
      コメントありがとうございます♪(^^♪🎶

      返信する