1976 (34TH) KYOSHO KOJIMA KE007 M.HASEMI

0

日本人初 日本製マシンで決勝出走
長谷見昌弘 KOJIMA KE007

目標は入賞ではなく
海外勢を迎え撃って勝つこと

KOJIMA KE007は日本初開催のF1レースに
スポット参戦するため開発した国産マシン
オーソドックスにまとめながら
高速コースに特化したトップスピード重視
富士SW走行を目的とした富士スペシャル

エンジンはフォード・コスワース・DFV
ヒューランド製5速ギアボックスの
1970年代の一般的組み合わせで
当時の価格で周辺機器あわせ約850万円
タイヤは初の参戦となる日本ダンロップ

金曜日の午前予選1回目
予選4位のタイム1分13秒88で周囲を驚かせる

金曜日の午後予選2回目
さらなるタイムUPを狙い他車の
スリップストリームに入り1分12秒台確実と
思われたが最終コーナーで
左フロントサスの強度不足でクラッシュ

スペアカーの無かったコジマは
48時間でほぼ新車を作り上げて
予選10位から決勝に挑んだが
決勝はトップから7週遅れの11位完走

長い間KOJIMA KE007が出したとされる
1分18秒23はファステストラップと記録されたが
後にJ・ラフィー(リジェ)1分19秒97に訂正された

モデルはKYOSHOのKE(コジマエンジニアリング)の
ロゴ入り台座等の特別パッケージ
決勝レインタイヤ仕様バージョン

日本のモータースポーツの人々が世界に挑んだ
夢を乗せた1台と言えるかも知れません

#F1-1976年
#KOJIMAKE007
#1976
#F1世界選手権イン・ジャパン

Default