1976 2ND QUARTZO FERRARI 312T N.LAUDA 〖🏆6〗

0

不死鳥 ニキ・ラウダ
大事故から6週間での復活

1976年 前年度Wチャンピオンのラウダは
FERRARI 312Tで好調を維持して
R9イギリスまでに5勝 表彰台8回と
選手権を優位に進めていた

R11ドイツGPで悲劇に見舞われる
レイン→ドライタイヤにスイッチして
順位を挽回中に高速コーナーで
コントロールを失いクラッシュして炎上
ラウダのヘルメットは衝撃で脱げてしまう

4人のドライバーとマーシャルの決死の救出で
一命を取り留めたものの数日間生死を彷徨う

その後驚異的な回復を見せて
わずか6週間後のR13イタリアGPで
顔に火傷治療の跡を残しながら
予選5位→決勝復活の4位入賞を果たす

ポイントリーダーで迎えた
最終戦 F1世界選手権イン・ジャパン
豪雨の中で行われた決勝レースを
リスクが大きいと判断して2周でリタイア
結果J・ハント(マクラーレン)に逆転され
Wチャンピオン連覇を逃してしまう

コンストラクターチャンピオンは
死守したもののラウダ不在時に
C・ロイテマンを招き入れ
結果盟友のC・レガッツォーニを
チームが放出したこともあり
フェラーリとの関係が悪化しながら
翌1977年シーズンを迎える事となる

#F1-1977å¹´

Default