遊戯王〜秘蔵レアの真贋〜

初版 2021/10/13 14:53

改訂 2021/10/13 14:53

コロナ禍におけるコレクション需要の上昇により色々なトレカが高騰している。


2018年のスターターデッキ初回限定版には、全6種の「20周年記念トークン」のうち1枚がランダムに封入されているが、 ごくまれに代わりに「秘蔵レアカード」が封入されていた。


カード自体は当時のカードが封入されているが、透明なパックに封入された秘蔵レアは、存在枚数が少なく付加価値が付き、高値で取引されている。


私は当時一目惚れしたカードであるデュナミス・ヴァルキリア(2000年7月に発売された「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」予約特典カード)を収集している。


現在、デュナミス・ヴァルキリアはショップでは〜2000円、未開封であれば〜5000円程度で売られてい

る。


デュナミス・ヴァルキリアも秘蔵レアとして25〜50枚封入された。

25〜50枚と聞くと全部集めていたいと思うのがコレクターの性。


デュナミス・ヴァルキリア好きとしても、入手したいアイテムである。


ただ秘蔵レアのデュナミス・ヴァルキリアは、フリマアプリやオークションなどで15万円前後で出品されておりとても高価である。


しかし、悲しいことだが偽物も多く、恥ずかしいことだが勉強不足で私も高い勉強代を払ったこともある。


偽物を掴まされないよう、より良いコレクションライフの役にたてばと秘蔵レアの真贋について画像をのせ簡単にまとめておこうと考えている。


まず初めに左が本物、右が偽物である。

袋の大きさでいうと多少本物の方が多少だが大きい。


次に袋の上部、または下部をみると

本物が歪みがあるのに対して、偽物はストレートである。


そして、一番わかり易いのは裏面である。


写真では分かりづらいが、本物には矢印(→)の部分に気泡があるが偽物には気泡がない。


ショップではなく、フリマアプリやオークションで購入するときは必ずこの気泡があるかをしっかり確認すべきである。


今回は、秘蔵レアの真贋について簡単にいくつかまとめてみました。


コレクションライフの良い参考となれば幸いです。


#遊戯王

#比較

#参考

トレカなどの収集癖…コレクションしてます!
遊戯王、ポケカ、新デジカはプレイヤーでもあります♪
その他好きなカード等も展示する予定です♪

Default