File

BBM「FIGHTING BEAUTIES」の部屋

13

 BBM社にて、無くなってしまった男子プロレスカードを尻目に現在も販売が続いている女子プロレスカード。その最初のシリーズで2000〜2002年の3年間のみ展開された「ファイティングビューティーズ」のレアカードを展示します。
 当時は老舗の「全日本女子プロレス」が女王・豊田真奈美を筆頭にナナモモ・ミホカヨといった若手の成長で勢いを取り戻しつつあり、「アルシオン」がハイパービジュアルファイティングといった独自路線で色を出し、そして長与・飛鳥の元クラッシュギャルズを中心に大物フリー選手らが大挙参戦して一団体でオールスター戦の雰囲気を出していた「GAEA JAPAN」が業界の盟主として盛り上がりを見せるなど、個人的に一番女子プロレスに夢中になった時代でした。
 カード的には、当時バンダイ社や未来蜂社等で箱1以上のサイン封入が当たり前になってきていた事もあり、BBM社でも直筆サインカードやコスチュームインカードが本格的に大量に封入され始めた時です。昔のBBM社のプロレスカードは直筆サインカードやチェキカード以外にも様々な遊び心があるインサートカードや企画が存在していました。少しずつですが、そのようなカード等を展示していければと思います。