File

マウントアダプタ

12

レンズ交換式カメラはそれぞれ特定のフランジバックとマウントの物理形状を持っていますので,それに合致したレンズしか取り付けることができません。フランジバックが長いカメラにフランジバックが短いレンズを取り付けても無限遠で合焦しませんが,逆の組み合わせであれば,適切にフランジバックを調整することで近接から無限遠まで普通に撮影することができます。フランジバックが非常に短いミラーレス一眼カメラの登場により,適切なマウントアダプタがあれば過去に製造されたほとんど全てのレンズ交換式カメラ用レンズを取り付けて撮影ができるようになりました。

そのためミラーレス一眼カメラの普及とともに,多くの種類のマウントアダプタが商品として登場し,オールドレンズ遊びが容易にできるようになりました。多くのマウントアダプタはフランジバックを調整して,マウントの物理形状を適合させるだけですので,オートフォーカスはもとより,自動絞りも使えません。そのためマニュアルでピントを合わせ,絞り込み測光で撮影することが一般的です。ミラーレス一眼の場合,レンズ側で絞りを絞り込んでも電子ビューファインダーは適切な明るさで表示してくれるので実用上の不都合はまったくありませんし,ピント合わせについてもファインダー内で拡大表示ができて,エッジを強調表示できるのが一般的ですので,静物であれば撮影は簡単です。

近年登場したマウントアダプタ以外にも,カメラメーカー純正のアダプタも種々作られてきました。カメラメーカーがマウントを変更したことにより,過去の資産である旧マウントのレンズを継続的に使えるようにするため,というものが多いですが,自社のレンズラインナップを補完するために他社のレンズを使えるようにする,という意図を持って作られたアダプタもあります。

レンズ遊びをしていると必然的にマウントアダプタが増え続ける傾向にあります。特にカメラのマウントが複数あったりすると,レンズとカメラのそれぞれのマウントの組み合わせの数だけマウントアダプタが必要になってしまいます。この危険な状況を少しでも回避するために,可能な限り全てのレンズマウントをライカM (LM)マウントにいったん変換してからLMマウントのレンズをカメラのマウントに変換するマウントアダプタを用意しています。一見無駄なことをやっているように見えますが,カメラマウントの種類が増えてもLMレンズ用のマウントアダプタを1個だけ新たに用意すればよいだけなので,安心してカメラを増やすことができるのです。いや,それは却ってアカンやろ,という声は聞こえないことにしています。

増え続けるマウントアダプタはコレクションという意図があってのことではない(はずな)のですが,これを敢えてコレクションと開き直るのも一興かと考え,手元にあるマウントアダプタの整理も兼ねて並べてみます。