FUJINON L 5cm F2.8

0

フジフィルムがバルナックライカコピーのレオタックス用に上位機である開放F2のレンズとともに供給した標準レンズです。供給した期間は1957年から1958年とごく短い期間で,F2レンズが5000本程度,F2.8レンズが6000本程度生産されたようです。一方で生産数は1000本程度,と書かれているところもあって実際のところははっきりしません。また,1954年に発売された,と書かれているところもありますので,正確な登場時期もよくわからないのですが,おおよそ1955年前後ということなのでしょう。F2レンズは途中で距離環にピントレバーの追加という小変更がされていますが,F2.8レンズは特に変更はなかったようです。

このレンズはレンジファインダー機用の標準レンズとしては珍しい4群5枚のクセノター型構成で,上位のF2レンズよりもよく写る,という評判で人気があるようです。直進式のヘリコイドではないので,距離環をまわすと絞り環もいっしょに回ってしまうので少し使い勝手が悪いレンズです。しかし,レンジファインダー機で使う場合はピントをあわせるまえに絞りを決めてからでも撮影に不便はないのであまり困らないとも言えます。クセノター型という構成によって鋭いピント面と広いダイナミックレンジを実現しているレンズということのようです。実際,実写してみると,空気感というかその場の雰囲気の描写はかなり優れているように思います。

この個体は絞り羽根がどうやら1枚欠損しているようで絞りを閉じていくと開口部の形状がとてもイビツな形になります。また,距離環もスカスカでグリスがほとんど切れているようです。ちゃんと調整しないとすぐにヘリコイドがかじりついてしまいそうです。いずれにしてもこの個体はかなり状態は悪い,と言わざるを得ません。足りない絞り羽はどうしようもないですから,開放で使うかがっつり絞ってF16で使うか,で騙し騙し使うしかなさそうです。

このレンズによる作例は
https://mor-s-photo.blogspot.com/search/label/FUJINON%20L%201%3A2.8%20f%3D5cm
に置いています。

#レンズ #MF #FUJINON #L39 #Fujifilm #50mm #F2.8 #標準 #単焦点

Default
  • File

    はるさめ

    2021/7/26 - 編集済み

    絞り羽が欠損😲 それでも使おうと模索されるところに愛を感じます。薬師堂のお写真、とても素敵ですね!

    返信する
    • File

      MOR

      2021/7/26

      コメントありがとうございます。いやなんというか,たんなるケチンボなだけのような気もしますが,入手してしまった古いレンズはなんとかいたわりつつ(騙し騙し?)使っていきたいと思っています。リンク先の写真もご覧いただきありがとうございます。このレンズのガツガツしない,ちょっとふわっとした雰囲気がとても気に入ってます。

      返信する
    • File

      はるさめ

      2021/8/9

      古いレンズへのいたわりのお気持ち、素敵です!その優しさがお写真にも出ているのかな?と思います☺

      返信する