宮城県白石市小原七里沢 雨塚山 紫水晶

0

私は
ここの紫水晶が日本一だと思います。

美しさ
稀少性
価値

全てが最高ランクでしょう。
1〜5枚目が5cm
6、7枚目が3cm

どちらも、私が購入した国産水晶の中でも最高額でした。一生の宝物。
ちびっちゃいものでも、中々な額でした。

歴史としては、古くは江戸時代頃までには産出が知られており、根付として加工されていました。

明治時代以降、印材加工による国産水晶需要が高まった際、ブラジル産水晶輸入と同時並行で日本各地の水晶が、山梨の加工業者の手に渡りました。その際、秋田の荒川鉱山や鳥取県藤屋、韓国の彦陽の紫水晶とともに、雨塚山の紫水晶が使用されています。

平成になると、鉱物愛好家による乱獲が問題視され、現在は採取禁止。荒れ果ててしまい、立ち入りができないようです。

荒れるのはよくありませんが、保全は良いことと思います。
むしろ、いつまでもこの国の宝として、地中に眠っていてもらいたい。

紫が見られる石英は、付近の川に落ちているのが時折見かけられるそうです。

Default