Fin du Monde(世界の終わり)ポストカード :ハレー彗星の接近の風刺画

0

1910年にハレー彗星が地球に接近したときの「ハレー彗星パニック」を表した風刺画。フランス製のポストカードです。

当時、彗星の接近のせいで地球上の空気が5分ほどなくなるという噂がながれ、欧米で大騒ぎに。日本でもこれもとに、自転車のチューブを酸素ボンベにするなんて物語も。なお、ドラえもんでもネタとして採用あり。

Fin du Mondeのポストカードは数種類あって、これはその中の1つ。いずれもハレー彗星パニックの風刺画だけど、絵が異なります。

これは、彗星から逃れるため、月に行くために風船屋さんからこぞって風船を買って、地球から脱出しようとしています。

ユーモラスで、可愛らしさもある絵ですね。

#天文 #アンティーク #フランス #ポストカード

Default
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/6/30 - 編集済み

    当時は5分だけ空気が無くなると言われてましたね
    「空気の無くなる日」というタイトルで映画にもなり詳しく描かれてます。

    返信する
    • Gx6fcyly

      ofugutan

      2022/7/3

      本当に空気がなくなったら、息ができないだけじゃ済まないですよね!こういう風刺で笑うのはいいのですが、彗星の接近は転生のチャンス、みたいなカルトな人々が出てくるのはやめてという。

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/7/3 - 編集済み

    自分たちはハレー彗星の接近が大外れだった世代ですよね。
    この時は昼でも見えたらしいです、羨ましい。

    返信する
    • Gx6fcyly

      ofugutan

      2022/7/4

      ハレー彗星接近の1986年はようやく物心つく年で、残念ながら話題になったことを覚えてないのですよね。でも、長期間肉眼で見えた1997年のヘールポップ彗星は堪能できました。

      昼見えるほど明るく、非常に長い尾の彗星も一生のうちに見てみたいものですね。

      返信する
  • 当時はどんな天変地異がおこるかと思って戦々恐々としていたら
    阪神優勝という物凄いスペクタクルな出来事があり「ハレー彗星すげー」と
    皆驚いてましたw

    返信する