1/72 ハセガワ 大日本帝國海軍 桜花

1

ハセガワ製、1/72スケールの桜花です。

実機は、大日本帝國海軍が大東亜戦争(太平洋戦争)中に開発した特殊滑空機です。神風特別攻撃隊で使用された零式艦上戦闘機などと異なり、初めから特攻兵器として開発されました。母機である一式陸上攻撃機で敵艦船付近まで近づき、射程圏内に入ったら母機と切り離され、桜花搭乗員が目標まで誘導し、体当たり攻撃を敢行するものでした。

桜花のレプリカは靖國神社の遊就館に展示されています。ただし実機はレプリカのように、本来航空機にあるべきはずの「日の丸」が描かれませんでした。前述の通り、本機は航空機ではなく「大型誘導爆弾」だったからです。これはあくまでも私の推測ですが、靖國神社の桜花に日の丸が描かれているのは、戦死された桜花搭乗員に対する崇敬の念が込められているのだと思います。

模型はハセガワ製で、一式陸上攻撃機とセットで販売されています。

今回、この作品を展示することに少なからず不安がありました。それは、多くの兵器と異なり「必死必中」が前提とされているからです。
しかし、私が敢えて展示しようと考えたのは、このプラモデルから大事なことを教わったからです。それは「真摯に作る」ことの大切さです。この作品を作るまで、プラモデル製作過程において、完成時に見えなくなったり目立たなくなる箇所の下地処理や塗装を省いていました。それが悪いことではありません。事実、プロモデラーの中にもそういったスタンスの方はいらっしゃいます。それでも、私は桜花の製作に際して一切の妥協が出来ませんでした。それは初めて、実機を設計・製造した技術者がどのような心持ちで取り組んだのか、ということに考えが及んだからです。
桜花の製作をきっかけに、プラモデルとの向き合い方が変わりました。その点において、このプラモデルは私にとって思い入れの強いものになりました。

#1/72 #プラモデル #特攻機 #神風特別攻撃隊

Default
  • File

    tomica-loco

    2019/1/9

    桜花特攻だとか菊水特攻だとかありましたね

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/9

      tomica-loco様
      コメントをありがとうございます。
      戦争末期は物資が極度に低下していましたから、連合国を相手に通常の攻撃では互角に戦うことが出来なかったと語られています。
      名称として残っているものの他にも、戦車から燃料を流しながら敵戦車に体当たり攻撃をした方法もありました。

      返信する
  • File

    さるら。

    2019/1/9

    素敵な思いが込められているからこその作品ですね。
    桜花や回天など、決して美化して語るべきものではありませんが、命を賭した特攻隊員の方々のことは語り継いでいくべきものだと思います。
    その意味でも、プラモデルとはいえこういった作品は大切なものだと思います。

    なんか、ありがとうございます。
    改めて考えさせられてしまいました。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/9

      さるら。様
      温かいコメントをありがとうございます。

      特攻隊の生みの親である大西中将も、特攻は「統帥の外道」と言って当初は反対していました。それでも戦局が芳しく無くなると、特攻隊を編成して空襲をはじめとした攻撃を少しでも遅らせ、一般市民を護ろうとしました。そして終戦とともに、戦死した特攻隊員とその遺族に対し、介錯を一切求めず割腹自決を遂げました。

      大西中将が特攻隊の編成に踏み切ったのは、将来日本が国難に遭ったとき、過去に自己を顧みず護ろうとした先人がいたという事実が、日本人の大きな支えになるはずだという信念があったからでした。

      私は、特攻隊を肯定することも否定することも出来ませんし、出来る立場にもありません。出来ることは、ただ感謝することだけです。私の祖母は東京下町の軍需工場で防毒マスクを作っていたそうです。もし祖母が空襲で亡くなっていたら、今の私はありません。直接の因果関係は分かりませんが、多くの兵隊さんが祖国を護ろうとした尊い犠牲の結果として、今の私があるのだと思います。

      平和な時代に生まれ、豊かな趣味にも恵まれていることに感謝しながら生きて行きたいと思う今日この頃です。

      長文駄文になってしまい、申し訳ありません。

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/1/9

      私も同じ思いでいたいと思います。
      ありがとうございます。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2019/1/9

    私は戦争を知らない世代なんですが、仕事で広島に長く滞在していて、被曝三世のかたとも仕事をしたり、原爆資料館や大和ミュージアムなどへいって、学ばせて頂きました。また、旅行へいったときに知覧資料館や長崎の海軍資料館などへもいき、偏っているかも知れませんが、当事の資料を拝見させて頂きました。多少脚色されている部分はあるかも知れませんが、映画やドラマも参考になります。
    oerさんの思いは、とっても共感できます。私たちが今こうして、なんの不自由もなく過ごせているのは、先の戦争で200万人もの犠牲のもとにあると考えています。このプラモデルを作成されるときに、そのような感情になられたことは、すばらしいことだと思います。新しい年の初めにこのような記事に出会えたことに感謝します。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/9

      kinggidoko様
      本当にありがとうございます。私がこの作品に込めたものに共感していただけて、とてもありがたい気持ちでいっぱいです。

      kinggidoko様はとても貴重な経験をたくさんされていらっしゃるのですね。私が小学生のころは、道徳の時間に戦争を体験された方をお招きしてお話を拝聴する機会がありましたが、今ではなかなか難しくなってきていると聞きました。いつまでも、その思い出を大切にしてあげてください。

      返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/1/9

      oerさん、返信コメントありがとうございます。記事を読んでいて、ウるっときました・(半泣)。年ですねー(笑)。

      返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/9

      kinggidoko様
      こちらこそありがとうございます。
      実は私も一緒です(泣)お返事を拝読しながら、とても温かい気持ちになりました。
      一応年齢上、私は「若い」部類に入るはずですから、kinggidoko様もお若いはずです!(笑)

      kinggidoko様にmuuseoを通してお会いできて本当に良かったです。

      今後ともどうぞ宜しくお願いします!

      返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/1/10

      こちらこそ(笑顔)!

      返信する
  • File

    T tuyosi

    2019/1/9

    桜花に対しての真摯な気持ちが、
    胸を打ちます…

    平和へのメッセージ…
    深々と一礼したくなる
    アイテムですね✨

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/9

      T tuyosi様
      コメントをいただきありがとうございます。

      桜花はとても悲しい兵器のひとつです。完成後もこの機体を見るたびに、平和に暮らせることの有り難さを感じます。

      フォローさせていただきました。ガンダムのコレクションが素晴らしいですね!私はまだガンプラを作ったことがありませんが、T tuyosi様のコレクションを見本に挑戦してみようと思います!

      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

      返信する
    • File

      T tuyosi

      2019/1/9 - 編集済み

      こちらこそ、フォロー&いいね、ありがとうございます✨

      こちらこそ、よろしくお願いします。

      平和がいつまでも、
      続きますように…

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/6/30 - 編集済み

    この兵器の恐ろしいのは作戦空域まで運ぶ一式も桜花の重さとコース維持で
    ろくに回避運動が取れず事実上セットの特攻兵器状態だった事ですね。
    ただ近年は米国の太平洋戦争をSFにした「宇宙の法則」というドラマで
    「たとえこの身が桜のように散ろうとも…」の文面が肯定的に劇中で使用され
    米国側も当時の日本兵の心情の理解は進んでいるようですね。

    返信する
    • File

      OER5200

      2022/6/30

      CRASH AND BURN 場外劇場 様

      コメントいただきをありがとうございます。

      当時のアメリカ人は桜花を「馬鹿」爆弾と呼んでいたそうですから、自分を犠牲にしてまで損害を与えようとする考えを忌避していたのだと思います。

      しかしながら、祖国を護ろうとする想いはどこの国でも同じです。そこに通ずるところがあるのだと思います。

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/7/1 - 編集済み

    今も3日の訓練だけで戦地に向かうウクライナの未成年兵士の話を聞くと胸が痛みます。
    そんなの弾避けにしかならない…

    返信する
    • File

      OER5200

      2022/7/1

      幸せになれたはずの未来を奪われた方々のことを想うと無念でなりません。

      1日でも早く癒えぬ傷を負った人々に当たり前だった日々が戻ることを願っています。

      返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2022/7/1

      何かの本の受け売りですが、「なぜ戦争はやってはいけないのか。死ななくて良い人が死ぬからだ」という言葉を肝に銘じています。

      返信する
    • File

      OER5200

      2022/7/2

      Jason1208 様

      コメントをありがとうございます。

      とてもシンプルな言葉でありながら、だからこそ冷静に本質を突いた言葉ですね。
      戦争を実際に体験された方の言葉なのでしょうか。

      とてもいい言葉を教えていただき、ありがとうございます😊

      返信する