1/72 トランペッター ソビエト軍 KV-85重戦車

0

トランペッター製、1/72スケールのソビエト軍 KV-85重戦車です。

実車は、KV-1型の改良型として1943年に誕生しました。140両近く生産されましたが、その殆どがドイツ軍によって撃破されてしまいました。T-34などと比べると、少し影の薄い存在なのかも知れません。

模型はトランペッター製です。部品点数は驚くほど少なく、軽い息抜き程度で作れます。それでいて、他のプラモデルメーカーに引けをとらない仕上がりなのは素晴らしいと思います。

今回は、あえて博物館に展示されているような仕様にしました。普段なら、ウェザリングまで終えたら艶消しのクリアーを吹くのですが、この作品ではウェザリングは行わず、砲塔周りを光沢のあるクリアー、足回りを半光沢のクリアーで塗装しました。ですので「戦場を駆け抜けた戦車」ではなく「無事に終戦を迎え、博物館で余生をおくる戦車」としました。たまには作風を変えてみるのも良いものです。

#1/72スケール #AFV #戦車 #ソ連

Default
  • File

    さるら。

    2019/01/19

    かっこいい仕上がりですね!
    最近はフィギュアばかり塗っているので、久しぶりに戦闘車両を作りたいな、と考えています。
    参考にさせていただきます。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/01/19

      さるら。様
      コメントをありがとうございます!
      私はお恥ずかしいことながら、腕に自信がないのでフィギュアを作ったことがまだ一度もありません。キットの付属品のフィギュアは、作れるようになるまでまとめて一つの箱の中に仕舞っています(40人くらいでしょうか)。
      さるら。様の作品はグラデーション塗装やドライブラシといった技法を随所に施されているとお見受けします。いかに塗装が完成後の印象を左右するかが分かります。
      私も少しずつフィギュアに触れていきたいと思います!

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/01/19

      いやいや、ボクのも試行錯誤の結果でして。
      ドライブラシとかはある意味、逃げ、とか誤魔化しに近かったりします。
      ま、完成が雰囲気出てれば良いかとも思っていますが。ゲームで使うものですし。
      ディスプレイ用なら、もっと研鑽が必要だと思ってます!

      返信する
    • File

      OER5200

      2019/01/19

      さるら。様
      上達には試行錯誤が大事なのですね!私もやってみます!

      ところで、私も雰囲気が大事だと思います。結局は「それっぽいよね」という共感が生まれる作品ほど評価が高い、とお世話になった模型屋の店長さんが仰っていました。

      これからも、素敵な作品を楽しみにお待ちしてます!!

      返信する