1/80 ロコモデル 小田急4000形 非冷房車

0

ロコモデル製、1/80スケールの小田急4000形です。

実車は1966年から1997年製造され、2005年まで小田急電鉄が運用した通勤車両です。
当初は非冷房の3両固定編成として誕生しました。その後組成変更を繰り返し、晩年は冷房化改造を施された6両固定編成まで登場しました。

模型はロコモデルのペーパーキットを前のオーナーさんが組み立てた作品です。この模型は車体側面が紙、屋根が木でできています。
現在では真鍮やプラスチックで作られた模型が主流で、ペーパーモデルは少数派ですが、ペーパーキットとして販売しているメーカーもあります。
残念ながら、ロコモデルはすでに廃業しています。

今回は完成品として展示していますが、完成から随分年数が経ってしまっているため、所々塗装にひび割れがあったり、接着剤の劣化、車体の歪みが出ています。このままでも良いのですが、折角ですので、今後少しずつ修繕を施していきたいと思います。

#1/80スケール #鉄道模型 #小田急 #ロコモデル

Default
  • File

    sat-2019

    2019/4/14

    カルダン化直前の4000形ですね…大変懐かしいです。
    中学・高校時代、買い物へ出かけるとき、駅で電車を待っていると、たとえ真夏でも、屋根上に冷房装置が乗っかっていない、ベンチレータばかりのこの車両が来ると「ラッキー♪」な気分にさせてくれました。
    4000形の釣り掛け音は、私の中では、これまでにない絶品な音だと思っています。
    しかも、高速走行まで楽しめたことを考えると、今となってはとても贅沢な経験をしたものだと思います。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/4/15

      sat-2019様
      コメントをありがとうございます!
      私が幼いときに見たの4000形は、すでに冷房改造がされた4両・6両タイプですので、とても羨ましいです!!
      この車両の吊り掛け音は音声データでしか聞いたことがありませんが、とても良い音ですよね。私は、ディスクローターが外側に着いているパイオニア台車が好きでした。

      返信する
    • File

      sat-2019

      2019/4/15

      oer5200様、ご返事ありがとうございます。
      あのパイオニア台車も特徴的ですよね!
      仰る通り、ディスクローターがよく分かる、シンプルなデザインは私も好きでした。
      引き続きよろしくお願いします!

      返信する
    • File

      OER5200

      2019/4/15

      sat-2019様
      こちらこそ、宜しくお願い致します!!

      返信する