Owner
File

OER5200

鉄道模型(1/80スケールのみ)を中心に、ミニカーやプラモデルなどのコレクションをしています。スケールは鉄道模型に合わせる形で、1/87・1/80・1/76・1/72・1/75に限定して集めています。

モノ日記

2021/10/ 4

File
  • 19
  • 12

プラモデル製作記『5M HOBBY ドイツ軍 E-10 駆逐戦車』 [1話完結]

この度はプラモデル製作記をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 なかなか更新頻度が上がらない今日この頃ですが、お付き合いいただければ幸いです。 【はじめに】 今回は「プラモデル製作記」と題しておきながら、「レジンキット」に挑戦してみたいと思います。 レジンキットとは、樹脂素材を鋳型に流し込んで製造されたキットで、フィギュアなどでは「ガレージキット」とも呼ばれています。 鋳型の都合上、プラモデルとは異なり少量生産が一般的です。 それではキットのご紹介です。 5M HOBBYというメーカーから発売された、ドイツ軍のE-10 駆逐戦車です。 ~実車について~ この戦車は、第二次世界大戦中にドイツで計画された戦車です。E10を含むE25·E50·E75·E100は、部品の一部を共通化して生産効率を上げようという設計思想を基に設計され、この計画はドイツ語の"Entwicklungstypen"(開発タイプ)の頭文字をとって「E計画」と呼ばれました。 しかし計画されたEシリーズの戦車は、どれも完成することなく終戦を迎えています。 ~模型について~ 5M HOBBYは、レジンキットを中心に生産する模型メーカーです。どの製品も比較的マニアックな車両が多く、試作戦車などを多数製品化しています。 【組立編】 それでは、中身を確認していきます。 分かってはいましたが、部品点数がとても少ないです。 プラモデルと違って、1つひとつの部品がある程度まとまっていますので、組立自体はさほど難しくなさそうです。 部品をすべて出しました。このモデルは十数点の部品で構成されていることが分かります。 まずはじめに、各部品の切り出しと下処理を行います。 ↑写真では分かりにくいですが、転輪の周りに不要なレジンのバリがあります。 部品を切り出し、バリを削り取ります。 続いて、排気管の穴を開けます。 キットの状態でも窪みはありますが、ピンバイスでもう少し掘ります。 ところが、ここでハプニングが発生します。薄くなった部分が欠けてしまいました。 話には聞いていましたがレジンは力を加えすぎると脆く、陶器のように「パリン」と割れてしまいます。 幸い大事には至りませんでしたので、ほどほどにしておきます。 そんなこんなで各部品の切り出しが終わったら、レジンキットの最重要ポイントである「脱脂」作業をします。 レジンキットでは、鋳型から部品を取り出しやすくするために離型剤を使用しています。これが厄介で、そのままでは塗料が食いつきません。 離型剤を落とすには様々な方法があり、古くからあるのは部品を茹でる方法です。しかし都合のいい鍋が無いのと変形が怖かったので、今回は「レジンウォッシュ」を使いました。 使い方は簡単です。部品が入る容器を準備して、パーツが浸るくらいまでレジンウォッシュを注いで、放置するだけです。 1/72スケールですので、少量のレジンウォッシュでヒタヒタになります。この溶剤は何度か使い回すことができるようで、使用後は一度で捨てずに別の容器に移して保管しておきます。 10~60分ほど放置してから部品を取り出し、しっかりと乾燥させたら、次はクレンザーと中性洗剤で洗います。 部品がすべて揃っていることを確認して組み立てます。接着剤はエポキシ系接着剤と瞬間接着剤を使います。 組み立てると全体像が見えてきます。 分かってはいましたが、とても背が低く平べったい車両です。 全体にタミヤのサーフェイサーを吹きます。レジンキットの場合は、特に下地処理をしっかりしないと塗料が食い付かず、塗装完了後にポロポロと剥がれてしまいます。 肝心の車体色は悩んだ挙げ句、調色したジャーマングレーにしました。 実車が存在しないので、極端なことを申せば何色にしても間違いではないのですが、試作車っぽくこの色にしています。 履帯·機銃·工具類を塗装を済ませれば、あとはデカールを貼るだけです。 ところが、このキットにはデカールが付属していません。「中古だから?」とも思いましたが、完成見本もデカールが貼られていないので、元々この仕様のようです。 せっかくなので、過去に製作したプラモデルの余剰デカールを使用します。 今回選んだのは、フジミの1/72スケール用デカールです。 調子に乗って貼りすぎてしまいました(汗) まあ、これでよしとします。 あとはウェザリングとクリアー塗装をして完成です。 完成しました! 普通のプラモデルよりも組み立て工程が少なかったので、サクサクっと完成を迎えることができました。 私自身レジンキットを敬遠していたところがありましたが、作ってみると楽しいものです。 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!また次回お会い出来ることを願いつつ、製作記を終わりにしたいと思います。 ありがとうございました😊 #製作記 #プラモデル #戦車 #ドイツ軍  #2021

2020/12/17

File
  • 29
  • 13

鉄道模型製作記『小田急 EB1051』後編(塗装編)

この度は、鉄道模型製作記『小田急 EB1051』後編(塗装編)をご覧いただき、誠にありがとうございます。 前編に続き、後編では塗装と最終組み立てを行います。冗長な製作記になってしまうとは思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。 それでははじめてまいります。 ~動力について~ 前回までで組み立てが終わっていますので、残すは塗装のみという段階ではありますが、動力部分の加工をしていきます。 キット指定の動力は、天賞堂のパワートラックです。この部品はスグレモノで、鉄道模型の台車に仕込むことで気軽に走行を楽しむことが出来ます。 今回は実車に合わせて、もともと付属している「プレート車輪」ではなく「スポーク車輪」に変更します。 交換は裏の蓋を外して、車輪を取り替えるだけです。 この部品を車体に仮合わせすると… はい、そうです。ほとんど見えません。 まあ、いいのです。作者は「車輪」に異常なこだわりをもつ変な人なのです。 気を取り直して、塗装に移ります。 ~塗装編~ 金属モデルの場合は塗装に注意が必要です。それはプラモデルなどと異なり、塗料が食いつきにくいからです。そのため、プライマーを使用します。 まず車体をクレンザーと中性洗剤で念入りに洗浄し、酸化被膜や油分を除去します。ここから素手では触りません。 完全に乾燥させてから、プライマーを塗装します。私は「ガイアマルチプライマー」を使用しています。この塗料は無色透明なので、厚塗りにならないように気をつけてエアブラシで吹きます。 その後、下地塗装としてタミヤの「ファインサーフェイサー」を塗装します。 完全に乾燥させるために2日置いて、車内を塗装します。 車内は調色したグリーンをエアブラシで吹いています。 乾燥後、マスキングします。 いよいよ車体の塗装です。 まず、屋根上を塗装します。使用した色はクレオスの「明灰白色(三菱系)」にしました。 こちらも乾燥後にマスキングします。 最後に車体を塗装します。使用した色は、クレオスの「シャインレッド」をベースに「タン」と「ウッドブラウン」を極少量加えて、少し赤みを抑えています。 車体下部は、小田急5200形の車輪を塗装したときのグレーを吹いています。 その後、実車の塗り分けに従って調色したシャインレッドを筆塗りします。 とにかく細かいので、焦らず塗装します。 失敗してもタッチアップできますので、塗り残しがないことに重点を置いて作業します。 ~銘板の製作~ 車体の製作も終わりましたので、銘板を塗装します。 あらかじめエッチングの上からメッキ加工されていますので、上手く利用します。 はじめに、脱脂してからプライマーを塗装します。 ↑プライマーを塗り終えました。 厚塗りできませんので、サーフェイサーを省いて車体色を吹きます。 丁寧に2000番のサンドペーパーで磨きます。 そしてもう一度、磨いた部分が酸化しないようにプライマーを塗装します。 出来上がりました。 車体にエポキシ接着剤で付けます。はみ出すと修正がかなり大変になりますので、慎重に作業します。 最後に車体をクリアー塗装します。 クリアー塗装を終えて、窓ガラスを入れます。適当な長さにカットして、両面テープを細かく切って取り付けています。 ~最終組み立て~ さて、長々と書いてきました製作記も終わりに近づいて来ました。 すべての部品を並べると、ワクワクします。 しかし、組み立て自体はすぐに終わります。 ↑乗務員ドアの部分についている「緑十字マーク」は、グリーンマックスのステッカーを使用しています。↓ さて、ここで「完成!」と言いたいところですが、最後の最後に「目入れ」的なものをします。 機関車のヘッドライトにクリアレジンを垂らします。 綺麗にレンズのようになりました。 いよいよ完成です! 機械でありながら、小柄な車体でせっせと動き回る姿は可愛らしいものです。 【終わりに】 長々とお付き合いいただき、誠にありがとうございました! また、前編を掲載してから多くの方から温かいお言葉をいただきました。重ねて御礼申し上げます。 おかげさまで、完成を迎えることができました。 「もっとこうしておけば良かった」「あそこは失敗したなぁ」という箇所も沢山ありますが、ひとまず完成したことに安堵しています。 改めて感じましたが、やはり模型作りは楽しいものです。思い描いた姿が現実のものとして目の前にあるのは、何ものにも代え難い喜びです。 何か作ってみませんか? きっと、楽しいですよ😊 それでは次回またお会いできることを願いつつ、製作記を終わりにしたいと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました! #製作記 #コレクションログ #2020

2020/12/17

File
  • 57
  • 18

鉄道模型製作記『小田急 EB1051』前編(組み立て編)

【はじめに】 この度は製作記をご覧いただきまして、ありがとうございます。 アオシマ製のDD51のプラモデルを製作しているところだったのですが、方向性がまとまらず、延期が続いています… そんななかで、ちょっとした気晴らしを兼ねて、ブラスモデルに挑戦しようと思います。 【今回の題材】 今回は、小田急の電気機関車にしてみました。 ~実車について~ 小田急EB1051は、かつて小田急電鉄が保有していた電気機関車です。また、同社最期の電気機関車でもありました。 この車両は、1950年に日立製作所で製作され、当初は日本専売公社(現在の日本たばこ産業)の足柄工場専用線で運用されていました。その後1958年に小田急が運用を受託し、1959年には正式に小田急電鉄の所属車両になります。 以降2002年に引退を迎えるまで、相武台工場·大野工場で入れ換え機関車として活躍しました。 ロマンスカーなどと比べると地味な存在ではありましたが、小さな車体で小田急の日常を陰で支えた大切な存在でした。 ~模型について~ 小田急EB1051はいくつかの鉄道模型メーカーから製品化されており、私が入手したのは安達製作所のキットでした。 元々は「バラキット」と呼ばれるもので、キット本体の他に各自で動力·パンタグラフ·連結器などを入手する必要があります。 今回はオークションで入手しました。出品されていたものは、すでに前のオーナーさんが入手が難しい別売のパンタグラフを購入されており、他に必要なものはどれも模型店で手に入るものばかりでした。そのため、ほとんど苦労無く完成を迎えられました。 それでは前置きはこのぐらいにさせていただき、製作記をはじめてまいります。 (もともとは1話完結にするつもりでしたが、想像以上に写真が多くなってしまいましたので、2話構成とさせていただきます。) 【車体の製作】 はじめに、すべての部品が揃っているかを確認します。あくまでも入手時点で中古品ですので、覚悟を決めて箱を開けます。 箱を開けて一安心。どうやら欠品は無いようです。 しかし生産されて相当時間が経っているようで、所々酸化が目立ちます。 ~キャブの製作~ まずはキャブを研磨して酸化被膜を削り落とします。 ↑研磨前 ↑研磨後 真鍮モデルの磨き出しやハンダ落としには「キサゲ刷毛」という工具を使っています。私はマッハモデルの製品を愛用しています。1本3千円ぐらいしますが、10年以上活躍している工具箱の重鎮です。 続いて、キャブの手すりを取り付けます。 まず、0.5mmのドリルで穴を開けます。 キットにも真鍮線は付属していましたが、だいぶ酸化していましたので、手持ちの真鍮線を使用しました。 キットでは、手すりの隙間を0.8mmにするよう指定がありますので、程よい厚紙を用意します。 キャブと手すりとの間に厚紙を噛ませ、スペーサーにしてはんだ付けします。 次に、屋根上とドア上の雨樋をはんだ付けします。 ↑屋根上にあるモールドをガイド線にしています。 はんだ付けが終わると上の写真のようになります。 余分な「はんだ」はヤスリとキサゲ刷毛で削ります。 ドア上の雨樋をはんだ付けします。 細かい作業になりますので、火傷をしないように当て木をしています。 ~ボンネット周りの製作~ キャブ部分が一段落したら、次はボンネット周りの製作に移ります。 ボンネットは3枚の板で構成されています。仮合わせをすると、あまりピッタリしませんでしたので、ヤットコなどで曲げ角を調整します。 調整が終わったら、内側からはんだ付けをします。 内側にはんだをしっかり流したら、表の接合面をはんだで埋めます。 余分なはんだを削り落として箱組が完成です。 (奥が作業前、手前が作業後です) 続いて、ボンネットの手すりと雨樋をはんだ付けします。手すりは説明書の原寸通りに0.4mmの真鍮線を曲げます。 写真では完成したもののみを載せていますが、なかなか上手くいかず、倍近く失敗作も生み出しています… 出来上がった真鍮線を、先程のキャブ手すりと同じ要領ではんだ付けします。 手すりが付くと精密感が増します。 次に雨樋をはんだ付けします。前·横に付けますので、少々根気が要ります。 マスキングテープで仮止めしてはんだを流します。 はんだ付けと表面処理を終えれば、ボンネット周りの製作は完了です。 それでは、いよいよキャブとボンネットをはんだ付けします。 車体が歪まないように、仮止めをしてからはんだを流します。 はんだ付けと表面処理が完了しました。最後にパンタグラフの台座を設置しますが、ひとまず車体の組み立ては終わりです。 ~車体下部の製作~ 車体下部(台車部分)も真鍮板を組み合わせるようになっています。 早速はんだ付けしていきますが、まずパワートラック(動力)の固定台を付けます。 続いてカプラー(連結器)台を付けます。ここの部品は台枠の固定にも関わりますので、しっかりとはんだを流します。 写真では一度ねじ止めをして、位置がずれないようにしています。 次に側面の台枠を組んでいきます。こちらも仮合わせをして、歪み無く付けられるか確認します。 組み上がると上の写真のようになります。板から立体になっていくのはワクワクするものです。 続いて、前面台枠とステップをはんだ付けします。 ステップは裏からはんだ付けしましたが、なかなか位置が定まらず、3回ほどやり直しをしました。はんだ付けはプラモデルと違い、ある程度は失敗しても「リセット」出来るのが良いところです。 完成すると上の写真のようになります。 次はさらに小さな部品のはんだ付けです。 取り付けている部品は「解放テコ」の台座です。この部品は実車において、自動連結器(ナックルカプラー)のピンを外して連結を解くときに使用します。 取り付けてヤスリがけを終えました。後の工程でテコ部分を作ります。 ここで、ささやかなディテールアップをします。 実車は年代によって様々な改修が施されており、晩年に近い時期には「連結器置き」と思われる台が取り付けられています。 そこで、天賞堂から販売されている「スカートステッ」を用意しました。この部品は機関車の誘導などを行う作業員用のステップで、機関車の前面に取り付けられています。 本来の使用用途とは異なりますが、形状が似ていたので、これでよしとします。 早速必要な部分を切り出します。 それをはんだ付けすると… 雰囲気は良い感じになりました。 本来の製作に戻りまして、乗務員ハシゴを取り付けます。 キットは長いハシゴの状態になっており、長さを調節してカットします。 ↑カットして、はんだ付けする部分を折り曲げています。 はんだ付けが終わりました。ここで気づいたのですが、実車ではハシゴが内側に傾いていましたので、モデルでも内側に折ることにしました。 組み立てもいよいよ最終段階になりました。 それでは、解放テコを製作します。 まず0.4mmの真鍮線を、前の工程で取り付けた台座に通します。 次に、中央を引っ張って尖らせます。 最後に両端を折り曲げて、不要な部分をカットします。 出来上がりました。 最後にパンタグラフの台座を組み立てます。 台座はエッチングで再現されています。 この部品を切り出して、折り曲げます。 先に足場に当たる部品をはんだ付けします。 次に、やぐら状の部品を付けます。 パンタグラフはあらかじめ組み立ててありますので、この完成品を使用します。 パンタグラフを仮合わせすると、機関車の全体像が見えてきました。 以上で「はんだ付け」は終わりです。 あとは「ホワイトメタル」の部品を付けていきます。ホワイトメタルとはスズを基にした合金で、融点が低く柔らかいのが特徴です。通常のはんだ付けでは溶けてしまいますので、基本的には接着剤を使用します。 接着する前に車体をサンポールに漬け込み、そのあとクレンザー、中性洗剤の順で洗浄しています。 思いのほか沢山ありますが、根気よくエポキシ接着剤で付けていきます。 完成しました! 中途半端ではありますが、ここで一区切りとさせていただきたいと思います。 長文駄文になりましたが、ご覧いただき誠にありがとうございました! 次回、塗装から完成までを製作記にまとめたいと思います。 よろしければ、最後までお付き合いいただければ幸いです。 #製作記 #コレクションログ #2020

Default
  • File

    MOYO.

    2018/11/14

    フォロー頂きまして、誠に有り難う御座いますm(__)m。

    これからもどうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m。

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/11/14

      MOYO.様
      わざわざメッセージをありがとうございます!
      こちらこそ宜しくお願い致します!

      返信する
  • File

    nonstop24hours

    2018/11/15

    フォローありがとうございます。
    フォローさせて頂きました。
    よろしくお願いいたします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/11/15

      nonstop24hours様

      こちらこそ、フォローしていただき、ありがとうございます。

      nonstop24hous様のメーカーごとに分かりやすくまとめられた展示や、工作の手引きは、私もプラモデルなどを作りますので、とても勉強になります。

      今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!

      返信する
  • File

    charlie0215

    2018/11/16

    いいね、有難うございます。
    トップの小田急線、小田急バス、旧東急バス、地元で見かけるカラーで驚いてます。
    これからも宜しくお願いします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/11/16

      charlie0215様
      わざわざメッセージをいただき、ありがとうございます。
      私の地元も関東でして、このカラーを見ると、何となく安心感があります。
      今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/11/16

      此方こそ宜しくお願いします。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2018/11/23

    こんにちは。フォローありがとうございます。oer5200さんミュージアムは、乗り物系のお宝満載ですね。楽しいので時々入館させて頂きます。宜しくお願いします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/11/23

      kinggidoko様
      こちらこそ、ありがとうございます。
      「お宝」と呼んでいただけるほどのものはありませんが、kinggidoko様の展示方法を見習って少しでも魅力的に見えるよう、励んでまいります。
      今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

      返信する
  • File

    ace

    2018/12/9

    フォローありがとうございます!😊
    1/72は好きなスケールです!
    よろしくお願いいたします!

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/12/10

      ace様
      わざわざメッセージをありがとうございます!
      1/72スケールは手のひらサイズで良いですよね🎵
      こちらこそ、よろしくお願いいたします!

      返信する
  • File

    さるら。

    2018/12/28

    AFVの数々、素敵なコレクションですね。
    仕上がりも丁寧で見習いたいです。
    フォローさせていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/12/28

      さるら。様
      温かいコメントをありがとうございます。
      見習っていただけるほどの物ではありませんが、何かのお役に立てれば幸いです。

      さるら。様のコレクションルームは、お洒落なブティックのようですね。学生時代に背伸びして訪れた青山の本屋さんを思い出しました。

      今後ともどうぞ宜しくお願いします❗

      返信する
  • Animals 41

    シバタ

    2018/12/28

    フォロー🐜がとございます🙇宜しく😉👍🎶お願いいたします🙇✨‼模型の戦車は良いですねぇ。宜しくお願いします🙇⤵

    返信する
    • File

      OER5200

      2018/12/28

      シバタ様
      こちらこそありがとうございます!
      シバタ様のコレクションは、私が幼いときに欲しくて欲しくて、それでも手に入らなかったものばかりです。特にダイヤペットのセドリックや、イイノ特注トミカは本当に欲しかったです。とても素晴らしいコレクションですね!

      今後とも、どうぞ宜しくお願いします!

      返信する
    • Animals 41

      シバタ

      2018/12/28

      そうでしたか?私も欲しいトミカ、ダイヤペット、ダンディが沢山🐜ますよ😢宜しくお願いいたします🙇

      返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/1

      シバタ様
      お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
      ミューゼオで拝見出来るのを楽しみにしています!

      返信する
  • File

    ace

    2019/1/1

    明けましておめでとうございます🎍
    今年もよろしくお願いいたします😁

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/1

      ace様
      新年明けましておめでとうございます。
      今年もace様にとって素敵なコレクションと巡り会える一年になりますように。

      今年もどうぞ宜しくお願い致します。

      返信する
    • File

      ace

      2019/1/1

      ありがとうございます😊✨

      返信する
  • File

    ICEMAN

    2019/1/8

    いいね、有難う御座います。フォローさせて頂きました。宜しくお願いします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/8

      ICEMAN様
      こちらこそ、ありがとうございます。
      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

      返信する
  • File

    テッツァライト

    2019/1/10 - 編集済み

    フォローくださりありがとうございました!コレクション柄、光モノや緻密なものも大好きなため、発光ギミックを有する鉄道模型や精巧に再現された乗り物の数々に惹き込まれてしましました😄
    また是非立ち寄らせていただきますね。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/10

      テッツァライト様
      こちらこそありがとうございます!
      鉱物のコレクションは素晴らしいですね。私も遠い昔、十六茶(だったと思います)のキャンペーン抽選で10種類くらいの鉱物キーホルダーが当たったことを契機に、ミネラル資源が好きになりました。この前、職場の近くで開催されていたミネラルフェアを見学していましたので、テッツァライト様のコレクションの「凄さ」が分かります。

      今後ともどうぞ宜しくお願いします!

      返信する
  • Mtpltjui

    K助

    2019/1/16

    フォローさせて頂きました!

    いいねをありがとうございます!
    よろしくお願いします( ´ ▽ ` )

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/16

      K助様
      わざわざコメントをありがとうございます!
      素敵なジッポーコレクションですね。私もジッポーを愛用していますので、コレクションは憧れます!
      こちらこそ、宜しくお願い致します!

      返信する
    • Mtpltjui

      K助

      2019/1/16

      はい、こちらこそ
      ありがとうございます!

      またステキな鉄道模型を
      見させて頂きますね〜❣️

      返信する
  • File

    ウルフ359

    2019/1/23

    日頃よりいいね!いただきありがとうございます。
    AFVモデルかっこいいですね~
    列車砲とかドラゴンワゴンに萌えてしまいましたw
    またお邪魔しますのでフォローさせていただきます!

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/23

      ウルフ359様
      わざわざコメントをありがとうございます!
      ウルフ359様の素晴らしいコレクションは、いつも楽しみに拝見させていただいています!

      フォローをありがとうございます!
      今後とも宜しくお願いします!

      返信する
  • File

    kidokun

    2019/1/25

    こんばんは。たくさんのいいね!ありがとうございます! 1/72のミリタリービークルはコレクションしやすいサイズですね☆ フォローさせていただきました、よろしくお願いします!

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/1/25

      kidokun様
      わざわざコメントをありがとうございます!

      1/72スケールは、場所をとらないので集めやすいです。

      kidokun様のコレクションはとても素敵ですね。
      これから楽しみに拝見させていただきます!
      今後ともどうぞよろしくお願いします!

      返信する
  • File

    チュル

    2019/2/26

    16番鉄道模型がリアルでカッコイイですね🚃
    フォローさせていただきました。
    これからも展示品楽しみにしています。
    今後ともよろしくお願いしますm(__)m

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/2/27

      チュル様
      わざわざコメントをありがとうございます!
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします!
      これからも、チュル様のコレクションを楽しみに拝見させていただきます!!

      返信する
  • File

    showa_express

    2019/4/12

    こんにちわ。
    先日はフォローバックいただきまして、ありがとうございます。
    oer5200さんのお名前から、小田急好きの方とお見受けします。
    知り合いが下北や豪徳寺にいるため小田急は今もよく利用します。
    小田急といえば2600や初代4000、5000の顔が小田急だなあという時代の人間ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/4/15

      showa_express様
      わざわざコメントをありがとうございます!!また、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
      そうだったのですか!私にとっては物心がついた頃から小田急線沿線に住んでいますので、とても馴染み深い存在です。
      私も5000形が最期になってしまった「小田急顔」が大好きでした。

      showa_express様のコレクションは、博物館や資料館で展示されるべき品々ばかりで、当時の人々の生活や風土を感じることができます。貴重なコレクションを拝見できる喜びを感じつつ、これからも楽しみにしています!!
      今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!

      返信する
  • File

    kigure

    2019/6/4

    たくさんのいいね!ありがとうございます!
    16番ゲージの鉄道模型がカッコ良く展示されていてとても魅力的ですね✨
    いつ見ても私にとって憧れの模型です。
    フォローさせて頂きます^ ^
    どうぞ今後とも宜しくお願いします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/6/4

      kigure様

      あたたかいコメントをありがとうございます!!
      今にして思えば、Nゲージを続けていれば良かったと思っています。最近は安価でハイクオリティな製品が多く発売されていますね。そして、それを引き立てる素晴らしいジオラマ!
      私もいつかはジオラマを作ってみたいと思っていますので、勉強させていただきます!!

      今後とも、何卒よろしくお願いいたします!

      返信する
  • File

    yu-kai

    2019/10/4

    初めまして。いいね、ありがとうございます❗️魅力的なコレクションですね🎵フォローさせていただきます✨

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/10/4

      yu-kai様

      初めまして😊
      こちらこそ、ありがとうございます!
      お子さまがきっかけで、ミニカーのコレクションをはじめられたのですね。
      コレクションルームの説明欄を拝読しながら、「お子さまは幸せだなぁ」と羨ましく思います。

      これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!

      返信する
  • File

    13f_shizu

    2019/10/31

    いいね どうもありがとうございました

    返信する
    • File

      OER5200

      2019/10/31

      13f_shizu様

      わざわざコメントをありがとうございます!
      こちらこそ、素敵なコレクションを拝見させていただき、ありがとうございます😊

      返信する
  • File

    Kota_kota28

    2020/9/3

    いつも沢山の"いいね!"ありがとうございます♪
    数々の戦車、ミニカーコレクション拝見させて頂いてます♪
    今後とも宜しくお願い致します。

    返信する
    • File

      OER5200

      2020/9/3

      Kota_kota28様

      コメントをありがとうございます!
      こちらこそ、魅力的なコレクションを楽しませていただいています😊
      背景の演出が素晴らしいですね!
      コレクションの雰囲気にピッタリで、空間的に惹き付けられます。

      これからも何卒宜しくお願いいたします!

      返信する
  • File

    Fortune Lens

    2021/5/16 - 編集済み

    いっぱいいいね!ありがとうございました。
    フォローさせて頂きました。
    また、寄らせて頂きます。
    よろしくお願いします。

    返信する
    • File

      OER5200

      2021/5/17

      Fortune Lens様

      こちらこそありがとうございます!
      素敵なコレクションですね。
      今後とも宜しくお願いします!

      返信する
  • File

    f31l700smgl

    2021/10/8 - 編集済み

    たくさんのいいね、有難うございます。
    ミニカーの車種が自分好みで、とても素敵なミュージアムですね。
    また、遊びに来させていただきます。

    返信する
    • File

      OER5200

      2021/10/8

      f31l700smgl様

      温かいコメントをいただき、ありがとうございます!

      私個人としては今の自動車も魅力的ですが、1980年代の自動車に強く心惹かれています。
      f31l700smgl様のコレクションは、どれも私のコレクション心をくすぐります😊

      今後とも、宜しくお願い致します😊

      返信する
    • File

      f31l700smgl

      2021/10/8

      嬉しいご返信、ありがとうございます。
      きっと、ミニカーたちも喜んでいます。

      返信する
  • File

    f31l700smgl

    2021/11/29 - 編集済み

    フォローありがとうございます。
    戦車、カッコいいですね。(戦争は反対ですが・・・。)
    電車やバスも、たくさんあって楽しいですね。
    これからも宜しくお願い致します。

    返信する
    • File

      OER5200

      2021/11/29

      こちらこそ、温かいコメントをありがとうございます!

      今後ともどうぞ宜しくお願い致します😊

      返信する
  • File

    テル

    2022/5/24 - 編集済み

    イイね!!ありがとうございました。Nゲージもですがドイツ、ソ連、アメリカ、イギリスのプラモコレクションは全部雰囲気はイイですね~。またおじ邪魔させていただきますので今後ともよろしくお願い致します。

    返信する
    • File

      OER5200

      2022/5/25

      テル 様

      お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。

      こちらこそありがとうございます!
      更新頻度が芳しくありませんが、今後とも宜しくお願い致します。

      返信する
  • File

    toyochan10423

    2022/5/25 - 編集済み

    1/72のAFVのコレクション拝見しました。
    私も戦車大好きです❗

    返信する
    • File

      OER5200

      2022/5/25

      toyochan10423 様

      コメントを頂きありがとうございます!

      コレクションを拝見させていただきました!
      ラジコンの艦船モデルは幼いころの憧れでした。
      今でもその思いは変わりませんが、高度な技術と忍耐力が必要な「建造」はとても敷居が高く感じます…

      …いつかタミヤの1/72スケールの魚雷艇を作りたい!という思いが再燃しそうです。

      とても素晴らしいコレクションを拝見させていただきありがとうございます!
      今後とも宜しくお願い致します。

      返信する