清王朝 光緒元寶 當制錢二十文

0

1903年に中国の清王朝が発行した銅貨です。
清の第11代皇帝、光緒帝(在位1875-1908年)の治世下で発行されました。
当時の価値は20文。つまり穴銭20枚分になります。
表面下部の「當制錢二十文」は「制銭20文に当たる」と読み、制銭20文相当である、という意味です。
また、制銭とは政府鋳造の正貨である銅銭ということです。(「當」は「当」の旧字)
表面真ん中にある「戸部」が鋳造所を示しており、これは北京で鋳造されたものであることを示します。寶源局と称するのが一般的です。鋳造所が北京であるだけで、清朝の支配下の地域では使用できたと考えられます。
また表面上部には満州文字で「ᠪᠠᡩᠠᡵᠠᠩᡤᠠ ᡩᠣᡵᠣ ᡳ ᠶᡠᠸᠠᠨ ᠪᠣᠣ」と書かれており、これは「光緒元寶」を意味します。
裏面上部の「HU POO」は「戸部」の英表記です。戸部をHu pooと発音します。
また20 CASHは20文を意味します。
中心に大きく描かれた龍は清朝皇帝を表す意匠です。
材質は銅です。
直径32mm,重さ10.14gです。

Default